読む前にポチっとご協力下さい!

韓流バナー

【ジェーンオースティン:高慢と偏見祭り】数百年間愛され続ける高慢と偏見・4作品を勝手にランキング!

今回紹介する作品は 高慢と偏見

ジェーン・オースティンの解説

ジェーン・オースティンと言えば、日本でも根強い人気の英国の作家です。

彼女の作家活動期間は、1700年代後半から僅か11年間。

その期間に書かれた長編小説は6作品です。

それらの作品は、現代にも通ずる鉄板のラブストーリーが描かれ、登場人物の多さや複雑な親戚・ご近所関係があったりと当時人間模様を彷彿とさせ、今なお人気が衰えない作品ばかりです。

また、個性的な(すぎる)キャラ設定で飽きが来ず、そして何と言っても、当時の地主階級の話がメインになっていて、優雅で古き良きイギリスを体感できます。

その中で1813年に発行された【高慢と偏見】はジェーン・オースティン最高傑作です。

数百年経った現在に至っても、何度も映像化されその度に多くの女性を魅了し続けるって素晴らしいですね~。出版当時から人々の価値観って余り変わっていないのかもしれませんね…

そう思うと感慨深いです。

続きはここをクリック!
タイトルとURLをコピーしました