読む前にポチっとご協力下さい!

韓流バナー

【海外ドラマ:クィーン・メアリーseason1】REIGN⑤(18話~最終話まとめ)

今回紹介するのは クィーン・メアリーseason1

宗教について

私には、さっぱり分からない複雑なキリスト教の歴史ですが、カトリック、プロテスタントの抗争が物語の中にも何度も出てきます。何故宗教戦争が起きるのか…ちょっと私なりに調べてみました。簡単に纏めてみます。

ヨーロッパでは、16世紀頃から宗教改革が起こり始めます。まず、キリスト教は党派が分かれヨーロッパの東西へ各々広まって行きます。主に西側で、カトリックが広まります。そして宗教改革によってプロテスタント勢力が次第に大きくなっていきます。カトリックとプロテスタントの違いを簡単に上げてみます。

カトリック

  • ローマ教皇が最高権威 豪華絢爛
  • 神父、聖職者は厳しい戒律(禁欲)がある 男性のみ
  • 聖母マリア崇拝
  • フランス、イタリア、スペイン等ラテン諸国に信者が多い

プロテスタント

  • ローマ教皇反対派、自由主義 質素
  • 牧師、教職者 結婚可 男女共可 
  • 聖母マリアに対し崇拝しない、マリア像ナシ
  • イギリス、アメリカ、ドイツに信者が多い

まず、厳しい戒律に対し必ず異を唱える人が現れ、またローマ教会の腐敗もあり非難の声が上がる→賛同者が増える→宗教は生活に根差している為、信者間で拒否反応が起こる→争いが始まる コレ発端。

カトリックでは、厳しい戒律の為、有名な魔女狩りも起こったりしました。

宗教戦争の根本には、信者の信仰に対する情熱が行き過ぎ、狂信的になる人々が一定数います。

それが次第に政治利用されていく訳です。スッコトランドで起きている争いは宗教改革によって対立が激化している様子が描かれています。

日本ではカトリックのイエズス会が有名ですね。しかし、秀吉、家康は厳しくキリスト教を禁止しました。この禁止のやり方に批判はありますが…この状況を鑑みれば禁止は正しかっと私は思います。

 

続きはここをクリック!
タイトルとURLをコピーしました