読む前にポチっとご協力下さい!

韓流バナー

【映画:特捜部Q 檻の中の女】あらすじ、感想。観て損はさせない!人気シリーズ第一弾

今回紹介する映画は 【特捜部Q 檻の中の女】

2013年公開 デンマーク製作 監督:ミケル・ノガール 脚本:ニコライ・アーセル

原題 Kvinden i buret:檻の中の女性 上映時間:96分

原作は、デンマークの小説家ユッシ・アドラー・オルセンの人気シリーズ【部門Q】から【Kvinden:その女】

脚本家ニコライ・アーセルは、日本でも人気の【ドラゴン・タトゥーの女】の脚本家です。

特捜部Qシリーズの紹介

2013年にデンマークで公開された【特捜部Q~檻の中の女】は、その年トップの興行収入を記録。その後の人気シリーズに続いています。

【特捜部Q】シリーズは、デンマーク映画で最も成功したと言われています。

       

【特捜部Q キジ殺し】(2014)

【特捜部Q Pからのメッセージ】(2016)

【特捜部Q カルテ番号64】(2018)

そして、2021年最新作【特捜部Q 知り過ぎたマルコ】では、キャスト・スタッフが一新され

【ヒトラーの忘れもの】の監督 マーチン・ピータ・サンフリトがメガホンを撮っています。

原作もまだまだ続いていますので、今後も楽しみなシリーズです。

 

殺人課の敏腕刑事カール・モルクは、刑事の仕事しか取り柄の無いダメ男。

頑固な性格で、事件の捜査となると突っ走ってしまうイカレタ刑事です。

イカレタ刑事が捜査への執念だけで事件の真相に迫る北欧ミステリー&ハードボイルド作品です。

どのシリーズでもカールのイカレッぷりが半端ない!

カールとアサドコンビの硬軟もストーリーに深みを演出しています。

♦只今こちらの動画配信サイトでご視聴頂けます♦
(配信は投稿時のものとなります)                                      

U-NEXTで今すぐ観る     ‎Amazon Primeで今すぐ観る

 

キャスト紹介

カール・モルク/ニコライ・リー・カース

殺人課の刑事。

自分が犯したミスのせいで、部下の1人が殉職、1人は全身不随状態になってしまいます。この件で“特捜部Q”へ異動する事になってしまいます。

余りに頑固な性格で厄介者。妻には愛想を尽かされ別居中。

実は刑事の仕事しか取り柄の無いダメ男。

アサド/ファレス・ファレス

新部署「特捜部Q」に配属されたカールの部下。移民でイスラム教徒。

以前の部署は倉庫で2年間スタンプを押す仕事でした。カールにとって「特捜部Q」は墓場でしたが、アサドにとっては昇進と同じでした。

カールの性格を受入れ献身的にサポートします。

ミレーデ・ルンゴー/ソニア・リヒター

5年前に失踪した議員。自殺と結論付けられ捜査は打ち切られていました。

子供の頃の自動車事故で両親は亡くなり、解離性障害になってしまった弟の面倒を看ていました。

ウフェ/ミケル・ボー・フォルスゴー

ミレーデの弟。8歳の時の自動車事故で脳に外傷を負い解離性障害になってしまいました。ミレーデの失踪後、症状は悪化してしまい療養所に入所していました。

マーカス・ヤコブセン/セーレン・ピルマーク

カールの上司で殺人課の課長

ハーディ・ヘニングセン/トールス・リュービュー

殺人課での部下。カールの強引な捜査によって負傷し全身不随状態になってしまいます。

あらすじ

新部署「特捜部Q」

「応援を待とう。焦るな」

助手席のハーディは、カールの気持ちを抑えます。

「早く行こう」

しかし、カールの気持ちは焦るばかりでした。

後部座席のアンカーは、市の対応の悪さを延々と愚痴っていて、更にカールを苛立たせます。

カールは、抑えきれず車から降りて張り込み中の家へ向かいました。

「応援を待とう」追ってきたハーディの忠告を無視し、カールは家の中へ入って行きます。

「警察だ」

家の中からは、何の反応もありません。3人は、異臭のする廊下を進みリビングへ侵入しました。

そこには、男が椅子に座って死んでいました。

銃を下ろしガッカリと腰を下ろすカール。

すると突然銃声が聞こえ、3人は床に倒れました。

カールは苦悶するハーディと見つめ合います…

 

3か月休職したカールは、早々に復職を決め上司のマーカスのオフィスに向かいました。

傷は完治しておらず、カールの右手が小刻みに震えます。

「あと半年休め」マーカスが言いますが、カールの気持ちは堅くマーカスの勧めを拒みました。

言い訳をするカールに「殺人課には戻せん」とマーカスはきっぱりと言います。

殺人課にはカールを歓迎する仲間はもう誰もいないと諭しました。

そして「新部署がある」

マーカスの言う新部署とは、過去20年間の未解決事件の書類のミスを探し分類するという…資料整理の“特捜部Q”でした。

特捜部Qは地下にあり、そこはまるで倉庫の様でとても部署とは呼べない場所でした。

正しく刑事の墓場です。

 

カールは、帰宅途中に同じく銃で全身不随状態になってしまったハーディを見舞ました。

「最悪だ」

良くなる見通しの立たないハーディもカール以上に苦しんでいました…

帰宅したカールは、別居中の妻ヴィガに電話を掛けますが

「勘弁してよ。そんなに電話しないで」と冷たく切られてしまいました。

 

5年前の失踪事件

翌日、地下にある特捜部に入ったカールは戸惑います。

大音響でラップが流れ、昨日とは見違える程に整理されていました。

すると1人のイスラム系の男がカールを出迎えました。

「どうも、アサドです」

彼は、ニコやかにカールに握手をしました。

「消してくれ」カールが言うと

「今すぐ。事件の資料を壁に貼りました。どこから始めます?」

アサドはやる気に満ちていました。

部屋の壁に、コールドケースごとに資料が貼られていました。

「誰の命令できた?この部署は定年間近のヤツがやる仕事さ。終着駅だ。前の部署に戻れ」

カールは、まだ若いアサドに言いました。

すると

「ボス。倉庫で2年間スタンプを押していました。それよりずっといい。指示を待っています」

そう言ってコーヒーを入れたカップを渡すと、カールは書類整理を始めます。

「濃すぎる」アサドのコーヒーを1口飲んだカールは、カップをテーブルに置きました。

再びラップが流れ始めます。

カールは課長のマーカスに電話をかけました。

課長を待つ間、壁に貼られた資料が目に入ります。

その中に、5年前に起った事件が目に留まりました。

“ミレーデ失踪” “溺死?” “ミレーデの弟に疑いが”

デスクに向かうカールに「この事件にしましょう」

アサドが記事を見て言います。

「本気か?仕事に戻れ」とアサドに言ったものの、カールも事件当時の捜査に疑問が残ります。

当時、選挙に向け波に乗っていたミレーデ議員の突然の自殺…

 

翌日、カールとアサドは車に乗っていました。

「いいんですか?こんな風に捜査して。書類整理が仕事では?」アサドが心配そうに聞きました。

「何か問題でも?」カールは平気です。

「いいえ…」

そして、ミレーデと弟のウフェが乗船した港に到着しました。

2人は、事件当日の2人の足取りを追い始めます。

♦只今こちらの動画配信サイトでご視聴頂けます♦
(配信は投稿時のものとなります)                                      

U-NEXTで今すぐ観る     ‎Amazon Primeで今すぐ観る

 

勝手に私見考察

ここからはネタバレを含みます

人にも自分にも興味のないカール。そんな彼を嫌う人間とアサドやハーディの様に受け入れる人間がいます。

この武骨で愛想の無いカールを主人公にハードボイルド調のストーリが見事にマッチしています。

どのシーズンも”檻の中の女”同様にかなりエグイです。苦手な方もいる筈ですが…

どんな妨害にも果敢に突進していく主人公は、無感情でイカレタ刑事が丁度いいのではないでしょうか。

 

“檻の中の女”では、何故ここまで残酷な事を~と観客に怒りを覚えさせてからの~

実は、ミレーデの起こした事故によって多くの人達が人生を狂わせてしまいました。

被害者も加害者も塗炭の苦しみを味わされてしまったのです。

貴方はそれでも犯人を憎みますか?

それともミレーデの自業自得だと思いますか?

そんな問題を投げかけられているように感じました。

ラストにはやるせない気持ちにさせられますが、やはり犯罪は悪なのだと思い知らされます。

このシリーズの人気な所は、単純な善悪でない人間の本質を突いたところではないでしょうか…

北欧ミステリーが面白い!

タイトルとURLをコピーしました