読む前にポチっとご協力下さい!

韓流バナー

【ドラマ:天国と地獄 サイコな2人】あらすじ、解説。森下佳子脚本にハズレなし!

今回紹介するドラマは 天国と地獄 サイコな2人

2021年1月17日から3月21日までTBSの日曜劇場で放送された刑事ドラマ

全9話(1話60分前後)

脚本は、【世界の中心で、愛をさけぶ】【JIN-仁】【ごちそうさん】等の大ヒット作品やNHKの朝ドラから大河まで、国民的ドラマを手掛けて来た森下 佳子

などと…色々書きましたが、私は近年の日本のドラマや映画を殆ど観ていません。

そんな私が涙腺崩壊して観たドラマです。

 

松本清張の【砂の器】や森村誠一の【人間の証明】、東野圭吾作品を思い出させるような…

日本社会の闇やその運命にもがく人々。

刑事達の地道な捜査でジワリジワリと犯人に迫っていくスリル感!

また、事件に絡む人間模様に感涙と…

面白かったです。

そして、このドラマはコメディタッチで描かれていますので、笑いもあって何とも贅沢な作品です。しかも、森下佳子のオリジナル脚本。

やはり、脚本が素晴らしい!の一言ではないでしょうか。

♦只今こちらの動画配信サイトでご視聴頂けます♦
(配信は投稿時のものとなります)                                      

Huluで今すぐ観る       Amazon Primeで今すぐ‎観る

 

キャスト紹介

先ず、演技のイマイチなアイドルが出演していないのがGJです!

森下作品では、綾瀬はるかがお気に入りのようですが、今回も彼女が主演を務めています。確かに、個性派俳優が揃う中でも、彼女の存在感は負けていませんでした。

また、陸役の柄本佑と鑑識課員新田役の林泰文の和み系キャラも光っていましたね~

特に、陸のキャラ設定は難易度が高そうですが、演技力抜群の柄本佑はやはり上手かった~!

望月彩子/ 綾瀬はるか

警視庁刑事部捜査第一課の警部補。幼い頃から正義感が強く「…であるべき」が口癖で、先輩の河原から「風紀委員」と呼ばれています。

考え事をする時に、腕組みをした左腕の肘のあたりを人差し指で叩く癖があり、日高と入れ替わった際にもこの癖がキーポイントになります。

日高陽斗/ 高橋一生

ベンチャー企業”コ・アース”の社長。国際特許を得たプロ仕様の特殊洗剤「バニッシュワンダー」を製造販売。

連続殺人事件の第一容疑者。

サイコなイメージの反面、コ・アースの社員からの信頼が厚い。

実家が大手食品メーカー”サンライズフーズ”であり御曹司。

渡辺陸/柄本佑

彩子のアパートに転がり込んだ居候で家事がダメな彩子に変わり掃除や食事を担当しています。

証券マンから脱サラし、「便利屋りっくん」というサイトを使って清掃作業や犬の散歩などの便利屋の仕事をしています。

河原三雄/ 北村一輝

刑事部捜査第一課の警部補で彩子の先輩。

彩子とは犬猿の仲で影では「セク原」と呼ばれています。犯人逮捕のため違法な捜査をするなど手段を選ばない強引な性格の持ち主。

 湯浅和男/ 迫田孝也

陸の便利屋の師匠で良き相談相手。正体は、日高陽斗の生き別れた双子の兄東朔也(あづま さくや)

八巻英雄/溝端 淳平

刑事部捜査第一課の刑事で彩子の後輩。彩子のバディ。普段は、課内のお弁当注文を請け負っています。

強引な彩子の捜査に振り回されるが良き協力者でもある。

新田将吾/ 林泰文

刑事部鑑識課員。「…じゃな~い」「…ないの~」とやたらと語尾を伸ばして話す癖がすごい。

印象に反して、事件の証拠を徹底的に鑑識する頼りになるメンバー

五木樹里/ 中村ゆり

陽斗の秘書で、大学の同級生。私生活ではシングルマザー。

陽斗へは、絶大な信頼を寄せています。

富樫義貴/ 馬場徹

コ・アースの営業取締役。前の会社で痴漢疑惑で困っていた時に陽斗に雇われ恩義を感じています。

あらすじ

猟奇殺人事件

望月綾子は、幼い頃から正義感が強く、口癖の「…すべき」から子供の頃のあだ名は“ベッキー望月”

しかし、ある事で濡れ衣を着せられ「理不尽を通さない世の中にしよう」と警察官になる事を決意していました。

その決意通りに彩子は、警視庁刑事部捜査第一課に配属が叶ったのでした。

ところがある事件で、その正義感の強さゆえ裁判を起こされそうになり、現在は謹慎状態で事件の捜査には当たらしてもらえませんでした。

彩子の存在は、

中でも先輩の川原三雄は、禁煙のルールを破ってタバコを吸ったり、セクハラ発言連発で彩子をイラつかせる存在、正反対の2人は犬猿の仲でした。

そんなある日、殺人事件が発生します。

何としても手柄を上げたい彩子は、管理官にゴリ押しし殺人現場へ向います。

現場へ着いた彩子とバディの八巻。

被害者は、椅子に座り口の中にパチンコ玉を詰められ、頭から血を流した状態でした。

横のベッドが血の海になっており、殺されたのはベッドの上で死後椅子に運ばれた事がわかります。

ふと、綺麗な床に気づいた彩子は、掃除されたような清涼感を感じますが、不思議と洗剤の匂いが一切しないのです…

そこへ管理官から指示を受けた、川原とバディの幅がやって来ました。

署へ追い帰される彩子は、最後に家政婦から掃除に使う洗剤を確認しました。

全ての洗剤が匂ったのです。

また、捜査に当たる川原は、現場の状況から昔の未解決事件を思い出します。

そして未解決事件の被害者と同じように、被害者の左手の平にφの印を発見しました。

 

容疑者

その夜、彩子は居候の陸が作ったラーメンを食べていると、部屋がきれいになっている事に気が付きます。

部屋に洗剤の匂いが残っていました。

便利屋の仕事をしている陸に、匂いのしない洗剤があるのかと聞いてみると…

「あるよ」と陸がスマホを見せました。

「バニッシュワンダー…」という商品が検索されていました

翌日、彩子は鑑識の新田に“バニッシュワンダー”を渡し

早速成分を照合してみると

現場から検出された洗剤と97%一致とほぼ確定…と思いきや

幾つかの成分が一致していませんでした。

そこへ、八巻が鑑識のお弁当と一緒にサンプル用のペットボトルのお茶も持ってきました。

彩子と新田は顔を見合わせます。

現場で使われた洗剤がバニッシュワンダーのサンプルなら…ビンゴかも!

コ・アース社の回答では、バニッシュワンダーのサンプル版“サンプルQ”は2年前に製造されましたが採用されず、モニターとして社内と得意先15社のみに配られていました。

彩子と八巻は、製造元のコ・アース社へ向かいます。

コ・アース社の社長日高陽斗は、優秀な研究者で若くしてベンチャー企業を立ち上げたやり手のイケメン社長です。

しかし、日高社長の写真を見た彩子は、今朝の電車内でマスクをくれた男性ではないか…と思い当たる人物でした。

コ・アース社を訪れると、日高もまた彩子の事を憶えていました。

秘書の五木樹里と営業取締役の富樫義貴を交え、彩子は事件と“サンプルQ”の説明を始めました。

彩子の説明の最中、日高はしきりに耳たぶを触っていました。

綾子は、その仕草が気になります。

日高は、サンプルQの配布先データを出すように富樫に指示し、警察の念入りな捜査に感心していました。

「物証も目撃証言も出なくて…」彩子は試してみる事に…

捜査の困難さを色々と付け加えました。

「逆に1人暮らしで、よくそんなに早く発見されましたね。その方」日高が何気なく言った質問。

彩子は、聞き逃しませんでした。

日高の言った、1人暮らしの事は公開情報では無かったのです。

彩子は、続けて3人の事件当夜のアリバイを聞きます。

日高は、ギュッと拳を握りしめました。

怪しい!

彩子は「現時点でサンプルQを入手できる可能性のある方は皆そうなりますので」と通常の質問だと誤魔化します。

「その理屈だと、うちの社員全員が容疑者になってしまいますね」日高は苦笑いを浮かべます。

手柄の欲しい彩子は、ターゲットを日高に絞りました。

♦只今こちらの動画配信サイトでご視聴頂けます♦
(配信は投稿時のものとなります)                                      

Huluで今すぐ観る       Amazon Primeで今すぐ‎観る

 

勝手に私見考察

ここからはネタバレを含みます

社会の底辺で生きる事を強いられた兄と母の再婚によって恵まれた環境で育った弟。

この生き別れた兄弟の互いへの愛憎が、事件を複雑化させ警察の捜査を翻弄させます。

そこへ、日高を追う刑事彩子が登場し、鹿児島・奄美大島に伝わる「月と太陽の伝説」から「本当は月は太陽に、太陽は月になるはずだった」をモチーフに2人が入れ替わってしまいます。

ラストに、何故2人が入れ替わったのか…それは亡くなった兄弟の母の思いが、形見の奄美大島の石に込められ、彩子に助けを乞うたんだと日高が結論付けていました。

登場人物にクズがいない!(日本のドラマらしい)

多くの登場人物と心理戦、そこに謎めいた伝説を絡めたサスペンス+猟奇殺人の裏に隠された感動的な人間模様を描いたヒューマンドラマでもありました。

しかし、1番の見所は高橋一生の入れ替わった後のオカマチックな日高ではないでしょうか!

綾瀬はるかと高橋一生の入れ替わりビフォーアフター演技を見比べるのも楽しかったです。

続編が期待される作品ですが、次回作は何時になるのでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました