読む前にポチっとご協力下さい!

韓流バナー

【映画:エール】アカデミー賞“コーダー愛のうた”のオリジナル版!ハートフルコメディ

今回紹介する映画は エール

2015年フランス、ベルギー合作映画  監督:エリック・ラルティゴ

原題:ラ・ファミーユ・ベリエ 上映時間:105分

フ…フランス映画で初めて感動した!

今まで観たフランス映画で間違いなくNO.1(あくまで主観です)

確かに、日本とは国民性が違いますので

う~む?な所はありますが…

タカラジェンヌも歌ったシャンソン曲(愛を求める歌)を高校生に歌わせるところも…実にフランスらしい

それでも最後まで楽しく見る事が出来るハートフルコメディ作品です。

アメリカ映画のリメイク版【コーダ あいのうた】は、アカデミー賞で最優秀作品賞を含む3つの賞を受賞しました。また、舞台ミュージカル作品も製作されるようです。

私は、まだ【コーダ あいのうた】は鑑賞していませんが、何かと比較されるオリジナル版。

今回は、フランス映画が苦手な私が【エール】推しで行きたいと思います!

♦只今こちらの動画配信サイトでご視聴頂けます♦
(配信は投稿時のものとなります)                                      

U-NEXTで今すぐ観る     ‎Amazon Primeで今すぐ観る

 

キャスト紹介

主人公ポーラ役のルアン・エメラ大抜擢

何と、彼女自身がシンデレラガールだった!

2013年のフランスで開催される歌のコンテスト“ la plus belle voix”のセミファイナリストになった事で【エール】の監督エリック・ラルティゴの目に留まり、見事ポーラ役をゲットしました。

演技の経験もないエメラは、いきなりの大抜擢でかなりのプレッシャーと戦ったと思いますが、ラストのコンクールでのシーンは、自身の実体験が重なったのでしょうか…

彼女の歌にとっても感動を覚えました。

エメラはこの作品の演技が評価され、セザール賞最優秀女優賞を受賞しています。

新人のエメラの脇をベテラン俳優で固めたキャスティングになっています。

また、親友マチルド役のロクサーヌは、こちら↓のイギリスドラマにも出演しています

ポーラ・ベリエ/ルアン・エメラ

主人公の16歳の高校生。4人家族の中で唯一の健常者。特に酪農家の両親の通訳や牛の世話などを手伝い家族を支えています。

ロドルフ・ベリエ/フランソワ・ダミアン

ポーラの父親。聾啞でありながら叔父の農場を継ぎ、現村長の政策に不満を抱き村長選挙に立候補するなど、かなりアグレッシブな性格。

ジジ・ベリエ/カリン・ヴィアール

ポーラの母親。聾唖のハンディをものともせずオシャレで家事も手を抜きません。ロドルフともアツアツの夫婦です。

クエンティン・ベリエ/ルカ・ゲルバーグ

ポーラの聾啞の弟

ファビアン・トマソン/エリック・エルモスニーノ

ポーラの高校の音楽教師。ポーラの才能を見出します。

マチルド/ロクサーヌ・デュラン

ポーラの親友

ガブリエル・シェヴィニョン/イリアン・ベルガラ

ポーラと同じコーラス部の部員。ポーラの片想いの相手。

あらすじ

フランスの片田舎ラセ村で酪農を営むベリエ一家。

高校生のポーラ以外の家族は、聴覚障害のハンディキャップを抱えていました。

その為ポーラは、業者との電話交渉や手話通訳として家族を支えていました。

高校1年のポーラは、所属クラブを決めなければいけません。

ポーラは、密かに思いを寄せるパリ出身のガブリエルと同じコーラス部を選択します。

親友のマチルドは、ガブリエルは止めた方がいいと忠告しますが、ポーラは押し切りコーラス部の試験を受ける事に…

数日後の試験の日。

音楽教師のトマソンは、生徒1人づつの歌を聞いて合否を決めていきます。

そして、マチルダの番に…ところが一小節も聞いてもらえず不合格になってしまいました。

その事に反感を抱いたポーラは「くだらない」と試験を拒否しますが、

何故かトマソンは…「アルトだ。合格」と歌も聞かずポーラを合格にしたのです。

 

その後、帰宅したポーラは母のジジに腕を掴かまれ強引に居間に連れて来られます。

TVでは、ラピデュス村長がラセ村の工業化プロジェクトを発表していました。

ポーラはTVの横に立ち通訳を始めます。

村長の計画はラセ村に食品工業を誘致して雇用を増やし、併せて村の商業化も進める予定でした。

ロドルフとジジは、村長の計画を知ると怒り出します。

農場を奪われてしまう!

その挙句、ロドルフは家族で団結し3か月後の村長選挙に立候補すると言い出します。

〈俺達家族は1つだ〉

〈パパは最強さ〉弟のクエンティンも賛成です。

ところが…ポーラは悩みます。

ポーラの様子に気づいたロドルフは、ポーラとトラクターに乗り話し合いを始めました。

〈耳が聞こえないのは個性だ。オバマは黒人だぞ〉と肌の色は障害にならなかったとポジティブに捉えていました。

ポーラもロドルフの決意の固さを知り応援する事にしました。

2人は、麦を刈るトラクターの中で寄り添い合います。

 

立候補者登録を済ませると

ロドルフはオランド元大統領の著書を、ジジはジャックリーン・ケネディの伝記を読み始め、クエンティンはポスター作りに励み、選挙戦の準備が始まりました。

一方、ポーラの高校生活は…

コーラス部の開始直前に

ガブリエルと大嫌いな同級生とのキス現場を目撃したポーラ。

惨めな気持ちのまま練習が始まってしまいました。

トーマスが決めた発表曲の練習が始まります。

するとトマソンは、ポーラを前に呼んで呼吸法や発声練習をさせました。まるで個人レッスンです。

次第に声が出始めたポーラは、自分の大きな声量に驚き恥ずかしさのあまりに、その場から逃げ出してしまいます。

「いい声だ」トマソンがポーラの背中に向かって言いました。

ポーラが荷物を取りに戻ると部員の姿は無く、トマソンとガブリエルだけで歌の指導を続けていました。

するとトマソンはポーラを呼び止め

「君の中で何かが目覚めつつある」年末の舞台のデュオをガブリエルとするようにと

“愛の叫び”の楽譜やデモテープを2人に渡します。

ガブリエルも「是非」とやる気でした。

戸惑いながらも部屋を出たポーラは、扉に持たれ座り込みます。

部屋の中からトマソンの伴奏とガブリエルの歌声が聞こえます

“逃げるんじゃない。飛び立つんだ。酒もタバコも捨てて飛ぼう…”

ポーラの中で何かが芽生え始めた瞬間でした…

♦只今こちらの動画配信サイトでご視聴頂けます♦
(配信は投稿時のものとなります)                                      

U-NEXTで今すぐ観る     ‎Amazon Primeで今すぐ観る

 

勝手に私見考察

ここからはネタバレを含みます

今まで何作かのヨーロッパ諸国の作品を観て来ましたが

いつも感じるのは

ストーリーは大雑把に描かれ繊細さは感じられない作品が多いです。

この大雑把なところが、ハリウッドがリメイクしやすい所かもしれませんね。

また、非常に個人主義であり親子関係もドライ。

子供よりも親の優先度がかなり高いと感じました。

他人に対しても厳しく、言いたい事を遠慮なくズバット言います(言語の数が違うためでしょうか?)

これが全ての人に当てはまるとは思いませんが、映画やドラマを観た感想です(登場人物の粗暴感が半端ない)

日本人とは考え方や感覚がかなり違っているなと、毎回感じます。

ですが、この違いが面白い!

では、【エール】はどうでしょうか?

そこで…

大雑把なストーリーに考察を交えて【エール】を深堀してみる

この【エール】では、聴覚障害を持つ家族が力強く生き生きと描かれています。

障害は個性だ!ロドルフのポジティブな言葉は胸アツでした。

ですが…対照的にに描かれていたのが

  • 家族を支える為に自分の夢を諦めようとするポーラ
  • 父子家庭で母親を知らず、祖母の家に預けられっぱなしの孤独なガブリエル
  • 学長に嫌われ10年間田舎の高校で音楽教師をしているトマソン

彼らは鬱積した心と葛藤しながら、ポーラのコンクールへの夢を一緒に応援します。

一見、人から羨ましく思われそうな彼らが悩み、障害を抱えるベリエ一家が酪農や村長選に果敢に挑む姿の対比がハッキリとしていました。

その違った視点からの描き方が、新鮮で面白かったです。

こうした視点から、ラストのコンクールでのポーラの歌唱シーンは涙腺崩壊です!

家族を支え自我を抑えてきたポーラの成長を通して、親離れ、子離れをハートフルに描いた感動のフランス作品でした。

タイトルとURLをコピーしました