読む前にポチっとご協力下さい!

韓流バナー

【海外ドラマ:リトル・ドリット】お金に翻弄される人々を描くチャールズ・ディケンズ作品のドラマ化

今回紹介するのは、BBC製作ドラマ:リトル・ドリット

19世紀イギリスを代表する文豪チャールズ・ディケンズ作品のドラマ化(全8話)

ディケンズ作品と言えば、クリスマス・キャロル大いなる遺産オリバー・ツイスト等数々の代表作が今もなお繰り返し映像化されています。

リトル・ドリット解説

チャールズ・ディケンズについて

チャールズ・ディケンズは、生まれは中流階級と裕福な家庭で育ちますが、両親とも浪費家で家計は傾いていきます。ディケンズは12歳から親元を離れ工場で働いています。一方、破産した父親は債務者監獄へ収監されました。数か月で出獄したそうですが、遺産が入った為と言われています。

(引用:wikipedia)

まさに!リトル・ドリットをそのまま経験していました。

ディケンズ作品では、下流階級の主人公が遺産を手に入れた事から、人生が変わっていく主人公を描いています。

このドラマ以外にも、オリバー・ツイスト、大いなる遺産、荒涼館等、私が知っているディケンズ作品の多くが、お金に翻弄され不幸になる人真実の愛を手に入れる人。贅沢には無関心で、人の為に尽くす人、様々な人間模様を描いています。

そこがまた、ディケンズ作品が時代を経てもなお、人々に愛され続けている理由なのでしょうか…

そして、この作品はエミー賞で高い評価をされています。

BBCが制作したドラマリトル・ドリットは、2008年のプライムタイム・エミー賞ミニシリーズ最優秀作品賞を受賞しています。

いつも思いますが、BBCのドラマは本当に良作が多いです。

原作のイメージを崩さずストーリーにどんどん引き込まれていきます。やはり脚本が良いんでしょうか。

キャスト紹介

クレア・フォイが素晴らしい。

私は、リトル・ドリット視聴後、ウルフ・ホール(16世紀のイギリス、ヘンリー8世の2番目の王妃役)も視聴しましたが、全く正反対の役柄ですがどちらも彼女の演技に引き込まれます。

2016年にドラマ『ザ・クラウン』でエリザベス2世役に抜擢され評価も高いですね。『ドラゴンタトゥーの女』では、今までのクレアとは全く違う役柄で高い評価を得ています。

彼女の目の演技が素晴らしいです。是非注目してください。

 

エイミー・ドリット/クレア・フォイ 本作主人公。マーシャルシー債務者監獄で生まれ父親ウイリアムと暮らしています。兄のティップも借金に陥り一緒に暮らす事になります。

アーサー・クレナム/マシュー・マクファディン クレナム夫人の息子。父親の遺言の謎を解くため15年ぶりに帰国します。

エイミーの父ウイリアム・ドリット/トム・コートネイ 借金の為マーシャルシー債務者監獄に20年以上収容され「マーシャルシーの父」と称されています。

エイミーの姉ファニー・ドリット/エマ・ピアソン エイミーの姉。街で踊り子になり暮らしています。

クレナム夫人/ジュディ・パルフィット クレナム商会の経営者。針子としてエイミーを雇います。

 リゴー ( ブランドワ)/アンディ・セルキス 悪党でお金の為には躊躇なく殺人も犯します。

ペット/ジョージア・キング アーサーをふって画家のヘンリー・ガウワンと結婚します。後にエイミーの親友になります。

♦只今こちらの動画配信サイトでご視聴頂けます♦
(配信は投稿時のものとなります)                                      

Huluで今すぐ観る       Amazon Primeで今すぐ‎観る

 

 

あらすじネタバレ注意

クレナム夫人は、使用人夫婦と3人で廃墟のような家で暮らしていました。

婦人の夫と息子は、仕事で15年間中国で暮らしていました。

そんなある日、クレナム夫人の息子アーサーが突然帰国します。

中国で病に罹ったクレナム氏が息を引き取る間際に「母の過ちを正せ」と懐中時計を息子へ託し、

アーサーは、その言葉の真相を究明するため帰国したのです。

しかしその事は、ドリッド一家の運命を翻弄する事に…

チョット疲れ気味の人、世の中がギスギスしている昨今、エイミーに癒されてみて下さい。

クレナム夫人の秘密

長い監獄暮らしで、劣等感に苛まれ卑屈になっているウイリアム・ドリッド。

娘のエイミーは、そんな父をを献身的に支え監獄からクレナム商会のクレナム夫人の元へ針子として週3回働く事にしました。

ある日、15年間外国で暮らしていたクレナム夫人の息子アーサー・クレナムが帰国してきました。

アーサーは、夫人にクレナム商会の仕事を辞める事や父の残した懐中時計の真相を聞き出そうとしますが、

「ただの時計よ」と話を拒むみ、早々に夫人はアーサーを寝室へ案内させました。

久しぶりの再会にも拘らず、母親の愛情を全く感じられないままアーサーは部屋を出て行きました。

1人になったクレナム夫人は、懐中時計を開き1片の布切れを取り出します。

その布には“忘れるな”と刺繡がされていました…

その夜アーサーは、幼い頃の悲しい夢を見ていました。

その夢は、クレナム夫人が幼いアーサーに対しても父親に対しても厳しい態度で「罪を背負っている。私に恥と失望を味あわせた」と酷くなじっていました…

翌朝、アーサーは約束した10時にクレナム夫人の部屋へ案内されます。

彼は、クレナム商会の仕事を辞め開放して欲しいと夫人に伝えました。

「他に言いたい事は?」と冷たく言う夫人に、アーサーは懐中時計の真相を話すように迫ります。

「僕ら家族は過去に過ちを犯したのでは?」

アーサーは、アコギな商売をしてきたクレナム商会が誰かを陥れたのではないかと推測していました。

「なんてことを!」クレナム夫人は怒り執事のフリントウィンチを呼びます。

夫人は、商売をフリントウィンチに任せると言い出します。

フリントウィンチは「感謝します」と言って、夫人が決まった時間に食す牡蠣を取りに出て行きました。

クレナム夫人は冷たく「用が済んだのなら出ておいき」とアーサーに言い、別れのキスさえ拒みました。

そこへエイミーが部屋へ入り、牡蠣を夫人の元へ配膳します。

クレナム夫人は「ありがとう」と優しい眼差しでエイミーに接します。

その時アーサーは、エイミーに優しく接するクレナム夫人に違和感を感じました。

使用人のアフェリーにエイミーの事を尋ねてみると「奥様の気まぐれで雇った子です。慈善事業なもの」とアフェリーは答えます。

しかしアーサーは納得できませんでした。クレナム夫人は慈善事業などとは、全く無縁な人だからです。

「僕らの血縁者か何かでは?」

しかし、アフェリーは全く取り合いませんでした。

そこでアーサーは、知り合いの資産家の元で家賃の取り立て屋のパンクスに、ウイリアムの借金について調べる事を依頼します。

失恋

何度と会う中でエイミーは、仄かにアーサーへ恋心を抱いていました。

一方のアーサーは、船旅で知り合ったミーグルズ氏の娘ペット(ミニー)に恋心を抱いていましたが、ペットは画家のヘンリー・ガウワンと恋中でした。

ミーグルズ氏はヘンリーの事が気に入らず何とか2人を別れさせようとしていました。

ある日、アーサーはエイミーに失恋したジョンの父親から相談され、エイミーにジョンのプロポーズを考え直すように説得します。

この時エイミーは、アーサーには他に好きな人がいる事を知り大きなショックを受けます。

そして、追い打ちをかけるように父ウイリアムと兄ティップからアーサーにお金を無心する手紙が届けられました。

恥ずかしくなったエイミーは、その場から走り去ってしまいます。

監獄へ帰ると、アーサーからの断りの手紙が届き、ティップはアーサーの悪口を始めました。

とうとうエイミーも怒りが抑えきれず、ティップに怒りをぶつけ部屋から出て行ってしまいます。

そしてエイミーは、密かに持っていたアーサーのシャツのボタンを川へ捨て悲しみに暮れてしまうのです…

 

しかし、アーサーもまた失恋をしてしまいます。

ペットは、ヘンリーとの結婚をアーサーに報告しました。

 

ある日、クレナム商会へパンクスが突然訪れ、エイミーにネッドという叔父が亡くなった事を確認します。

するとパンクスは、何故か嬉しそうに帰っていきました。

パンクスの知らせによって、ドリット一家の運命が大きく変わる事になります。

お金は人を幸せにするのか…あるいは、不幸に突き落とすのか…

答えはエイミーだけが知っているようでした…

 

♦只今こちらの動画配信サイトでご視聴頂けます♦
(配信は投稿時のものとなります)                                      

Huluで今すぐ観る       Amazon Primeで今すぐ‎観る

 

勝手に私見考察

この作品で、主演のマシュー・マクファディンは、お人好しで鈍感なイイ人を演じています。このアーサー役のマシュー・マクファディンが私は一番好きです。

安定の演技力もさることながら、暗くなりがちなストーリーの中に、コミカルな場面もありアーサーのとぼけた感じを真面目な顔で上手く演じています。

実に味があって上手いです。

BBCのドラマは本当に見応えがありますね。

タイトルとURLをコピーしました