読む前にポチっとご協力下さい!

韓流バナー

【ドラマ:ファーゴ シーズン3】あらすじ、解説。残酷な生き残りゲーム

今回紹介するドラマは 【ファーゴ】シーズン3

ドラマ版【ファーゴ】シーズン3 解説

2017年アメリカ チャンネルFXにて放送 全10話

1996年の映画【ファーゴ】に着想を得てプロデューサーのノア・ホーリーが原案、脚本を手掛けたドラマのシーズン3です。

S1,S2とは様変わりしています。

ブラックコメディな要素は、下品、下ネタに変わってしまいチョットついていけないかも…

S3の舞台は2010年。ミネソタ州のセントクラウドとエデン・バレーで起こった事件とその発端となった兄弟間の確執、企業乗っ取りを絡めたクライムサスペンスです。

見どころは、ユアン・マクレガーが一人二役で犬猿の仲スタッシー兄弟を見事に演じています。

何の情報も無く観ていた私は、途中まで全く気が付きませんでした!

S3の数話の原題タイトルは、カードゲーム“ブリッジ”の戦術から付けられています。

戦略を持って挑んでくる相手に対し、無防備なスタッシー兄弟はどう戦うのか…?

残酷な生き残りゲームが始まります。

ストーリーは繋がっていないのでどの作品から観ても楽しめますが、【ファーゴ】をたっぷりと楽しみたい方は、是非映画版ファーゴから観る事をおすすめします。

 

あらすじ

ユーリ・グルカ

1988年 東ベルリン

ヤコブ・ウンガーライダーは、恋人の殺人容疑で逮捕され尋問を受けていました。

しかし、尋問官は「ユーリ・グルカだな」と尋問を始めました。

ヤコブは「いいえ」人違いだと抗弁しても、尋問官は「それは“物語”だ」と全く取り合ってもらえませんでした…

ヤコブは、自分の立場の深刻さに恐怖のあまり失禁してしまいます。

(冒頭のこのシーンは第8話のボウリング場で伏線は回収されるようです…)

 

『これは実話の映画化である。実際の事件は2010年ミネソタ州で起こった。生存者の希望で人名は変えてあるが、死者への敬意をこめて事件のその他の部分は忠実な映画化をおこなっている』

(ファーゴは、映画もドラマもこのテロップから始まります。冒頭からブラックジョークが効いていますが、この作品は完全なフィクションです)

兄弟の確執

エミット・スタッシーは、駐車場投資で実業家として成功を収めていました。

しかし1年前のエミットは、どこからもお金を貸してもらえず資金繰りに苦労をしていました。その時、ブローカのアーメントラウブが資金を貸してくれ今日に至ったのです。

エミットは、返済しようと彼に連絡したのですが…“カチャカチャプー”と電話は音がするだけでした。紹介者に尋ねても、結局アーメントラウブの連絡先は分からないままでした。

エミットは、妻ステラとの結婚25周年記念パーティにゲストを招待し自宅で祝っていました。

そこには、エミットの弟レイ・スタッシーと若い婚約者ニッキー・スワンゴの姿があります。

レイは、ミネソタ州の保護監察官で身なりはみすぼらしく、他のゲストからも浮いていました。

生活に余裕のないレイは、ニッキーの婚約指輪を買う資金をエミットに頼むつもりです。

エミットと片腕のサイ・フェルツは、ニッキーに対して懐疑的でレイの頼みを断ります。

するとレイは「貸しがある」と子供の頃の話を持ち出します。レイはエミットに頼みごとをする時は常に“貸し”を持ち出すのでした。

その“貸し”とは…2セント切手の数字が逆に印刷されたビンテージ切手を巡る長年の因縁です。

ブリッジ

パーティからの帰り道、ニッキーはカードゲーム“ブリッジ”の地区大会で勝てばビッグチャンスが巡ると大会参加を持ちかけます。

しかし、仮釈放中のニッキーは州を跨ぐ移動は禁止されていました。ニッキーは、保護観察官なら何とか出来るでしょうと意に介しません。

レイは、2人の関係がバレたらまずい事のなると反対です。

それでもニッキーは、勝てば大金が手に入りブリッジ界で有名になればスポンサーが付き、エミットにお金を借りる必要もなくなると引きませんでした。

そして、2人は「ウマが合う」ニッキーの言葉にレイの心も動かされました。

事件の始まり

レイは保釈中のモリース・ルフェイに尿検査の失格を帳消しにする変わりに、エミットから切手を盗むよう依頼します。そして、モリースに”エミット・スッタシー、エデン・プレーリーと書いたメモを渡しました。

 

その夜、エミットにサイから来てほしいと突然の電話が連絡が入ります。

例の“カチャカチャプー”が来ていて埒が明かないとサイは伝えます。

エミットは、急いでオフィスに向かいました。

 

その頃、モリースはメモに書いてある住所に向かっていました。

しかし、車の窓を開けた瞬間、風でメモが飛んで行ってしまいます。

モリースは慌てて探しますが何処にも見当たらず、彼は諦めて…何と!裏覚えの住所に向かってしまいました。

 

エミットがオフィスに着くと既にアーメントラウブの代理人V・M・ヴァーガは待っていました。

エミットとサイは、彼に小切手の送り先を聞きますが、ヴァーガは「あれは投資だった」と答えます。

エミットとサイは言葉を失いました。交わした契約書には短期の融資と書いてあったと主張しますが、

ヴァーガは、全く取り合いません。

エミットは、全て返済し自由にやりたいと本音を伝えました。

しかし、ヴァーガは「言ったろ、最初の金は出資金だったから取っておけ」今後はスッタシー社の収益も含め本社で管理すると引きませんでした。

彼らは、既にスッタシー社のシステムにアクセス可能で、エミット達の行動を監視すると言います。

最後にヴァーガは「この件は、他言無用だ」と言い残し出て行きました。

この1年の間、彼らはスッタシー社の経営状況を把握し着々と準備をしていたのです。

エミットとサイは、自分達の深刻な立場に気づき恐怖を感じます。

その夜エデン・バレー警察のグロリア・バーグルは、継父エニス・スタッシー宅で息子ネイサンの誕生日を祝い、その帰宅途中でネイサンの忘れ物に気づきます。

仕方なく戻ったグロリアが目にしたのは、椅子に縛られ鼻と口を接着剤で塞がれたエニスの死体でした…

殺人事件の捜査に動き出したグロリアは、今まで知らなかった継父の過去やスタッシー兄弟へと…事件の真相に迫っていきます。

キャスト紹介
エミット・スタッシー/ユアン・マクレガー

実業家、レイの兄。不動産投資で成功を収め裕福な生活を送っていました。1年前に融資を受けた相手から会社乗っ取りを仕掛けられます。

レイ・スタッシー/ユアン・マクレガー

ミネソタ州の保護監察官。ルールを破って仮釈放者のニッキーと婚約します。事業で成功した兄エミットに嫉妬しビンテージの2セント切手を巡り仲違いの関係。

グロリア・バーグル/キャリー・クーン

エデン・バレー警察の前署長。継父が殺された事件を捜査していく中でレイやエミット、ヴァーガへと迫っていきます。

ニッキー・スワンゴ/メアリー・エリザベス・ウィンステッド

解釈中でありながら保護観察官のレイと婚約しブリッジの地方大会に参加する等大胆な性格。エミットとレイのケンカがエスカレートするうちにヴァーガから命を狙われる事になってしまいます。

V・M・ヴァーガ/デヴィッド・シューリス

アーメントラウブの代理人。恐怖心と言葉巧みにスッタシー社の乗っ取りを仕掛けます。

ユーリ・グルカ/ゴラン・ボグダン

ヴァーガのウクライナ人の手下。20歳の時に東ベルリンで女性の殺人事件を起こしています。

サイ・フェルツ/マイケル・スタールバーグ

エミットの片腕でスッタシー社の重役。ヴァーガに貶められます。

エニス・スタッシー/スコット・ハイランズ

グロリアの継父。人間違いによって殺されてしまいます。

ポール/レイ・ワイズ

グロリアは、飛行機の機内とバーで会い、ニッキーは逃亡中に逃げ込んだボーリング場で会った不思議な男性。

レンチ/ラッセル・ハーバード

ニッキーを助ける聾啞の男。S1では殺し屋、S2ではラストシーンに子供時代のレンチが登場しています。

 

♦只今こちらの動画配信サイトでご視聴頂けます♦
(配信は投稿時のものとなります)                                      

Huluで今すぐ観る     U-NEXTで今すぐ観る

‎Amazon Primeで今すぐ観る

 

 

勝手に私見考察

S3では、1988年の共産圏の東ベルリンで明らかに犯人ではない状況においても、尋問官が“物語だ”とヤコブを犯人に仕立てるシーンから始まります。

何の関係もないシーンのようにも思えますが…

このストーリーは、ゲームを支配する者が全てを支配する!そんな恐怖が描かれていると思います。

訳の分からないうちに支配されて行く恐怖…これは気味が悪く背筋の凍るような恐怖感を感じると思います。

ヴァーガの穏やかな口調とは裏腹に下品で卑劣な所は嫌悪感を抱きます(デヴィッド・シューリスが上手いだけかな)

お人好しで無策なスッタシー兄弟やサイとは反対に、ニッキーが反撃するところは、実に爽快です。

S1に引き続き登場のレンチは、相変わらず美味しい役どころでまたまた大活躍!

そんなS3は、ファーゴ作品では珍しくスッキリしない終わり方になっています。過度な演出も不評でシリーズの中では視聴率も伸び悩んでしまったようです(気持ち悪いシーンが多すぎ!)

奇を狙い過ぎたかな…

またまた、ファーゴカップル誕生

ファーゴでは、逃亡カップルを演じた俳優はプライベートでも影響されてしまうようですね。

S2のジェシー・プレモンスとキルスティン・ダンストに引き続きユアン・マクレガーとメアリー・エリザベス・ウィンステッドも恋に落ちましたが、こちらの2人は別々の道を選んだようです。

…と思っていたら

2020年6月にユアン・マクレガーの離婚が成立。

2021年6月に長男が誕生し、2022年4月に結婚。

その後も着々と2人は愛を育んでいたようです。

congratulation!お幸せに!

 

タイトルとURLをコピーしました