読む前にポチっとご協力下さい!

韓流バナー

【映画:インターステラー】クリストファーノーラン監督が相対性理論に挑むSF超大作

今回紹介する映画はインターステラー

クリストファーノーラン監督、製作、脚本 のSF超大作

クリストファーノーラン監督は、バットマンシリーズ(バットマン ビギンズ2005年、ダークナイト2008年、ダークナイト ライジング2012年)やインセプション(2010年)の代表作があるヒットメーカーです。

監督は「映画館で子供達に宇宙を旅して欲しい」と語っている通り、ワームホールの描写や相対性理論を可能な限りリアリティに映像化しています。

キャスト紹介
  • 元空軍パイロットジョセフ・クーパー/マシュー・マコノヒー 
  • クーパーの娘マーフィー・クーパー/ジェシカ・チャステイン/(幼少期)マッケンジー・フォイ
  • ラザロ計画発案者 ジョン・ブランド 教授 /マイケル・ケイン
  • ブランド教授の娘でラザロ計画に参加するアメリア・ブランド/アン・ハサウエイ
  • ラザロ計画の先駆者で氷の惑星から信号を送っていたヒュー・マン博士/ マット・デイモン
  • クーパーの息子トム・クーパー /ケイシー・アフレック/(幼少期)ティモシー・シャラメ

 

華やかな出演者が揃っていますが、映画の中では見事に派手さを抑え込んでいます。

マシュー・マコノヒーってもっとカッコイイよね。開始当初はクーパーってマコノヒーだよね?と分かり難いくらい地味でした。アン・ハサウエイもまた、ベリーショートで殆どノーメイクです。

皆、地味にシリアスな役を演じ、オーラーを見事に消しています。

またそこが本作品のテーマ人類存亡を賭けた挑戦にシリアス感を強く出しているようにも感じます。実際マコノヒーのキャスティングを「観客に物語を体験させる」ためのごく普通の人物であると監督は語っています。

ノーラン監督の拘り

ノーラン監督のネット嫌いは有名ですが、本作はIMAX用と通常の35ミリのフィルムで撮影されています。(IMAXに興味のある方は引用:Wikipedia参照してください)

デジタルカメラではなくフィルムに拘るノーラン監督。

スペースシャトルの内部では実物のセットを建築してますし、宇宙船レインジャー、エンデュランス、ランダーは、ミニュチュアモデルを作成して撮影されています(実にアナログ)

CGを最小限に抑えた作品でリアリティ感を出しています。

また本作は、ヒューマンドラマとしても素晴らし展開で涙腺崩壊は間違いありません。

人類存亡を賭けた人々の勇気と信念、家族愛と信頼、とても奥深い物語となっています。

続きはここをクリック!
タイトルとURLをコピーしました