読む前にポチっとご協力下さい!

韓流バナー

【映画:仮面の男】原作ダルタニャン物語から現在も語り継がれる、謎に包まれた鉄仮面の正体とは…

今回紹介する映画は 仮面の男

1998年の作品。当時私は映画館へ行き、ガブリエル・バーンかっこいい!と思って観ていました。ただのミーハーです。

実在した仮面の男!

この仮面の男!実在した人物だと知っていますか。正体は…諸説あるようですが2016年の海外科学サイト「Live Science」によると、米カリフォルニア大学サンタバーバラ校で歴史学の教授ポール・ソンニーノ氏がその謎を解いたようです。詳細を知りたい方は引用先(知的好奇心の扉トカナさん)を是非一読下さい。仮面の男の正体が分かりますよ。

本作は、その中の1説をフランスの作家アレキサンドル・デュマ・ペールの『ダルタニャン物語』の3部作中『ブラジュロンヌ子爵』から鉄仮面部分が映画化されています。ストーリーはかなり脚色されていますので、ダルタニャン物語とは切り離して観る事をオススメします。

見どころ

この作品のディカプリオは、まだ20代前半。憧れの王子様役がピッタリのディカプリオの時代です。

しかし彼の演技力は、この作品でも光っています。1人2役を演じておりルイとフィリップの演じ分けも見所です。残酷で冷徹なルイ心優しく純粋なフィリップ

対照的な2人の瞳の違いにハマります。

また別の見所として、ダルタニアン、アトス、アラミス、ポルトスの中年期。

それぞれの人生で、重荷を背負った男達の潔い生き様を見せつけ、若い従士達の尊敬の念に値する大人の男!素敵です。こんな人達が会社の上司だったらなぁ…

キャスト紹介

ルイ14世/フィッリプ:レオナルド・ディカプリオ

ダルタニアン:ガルリエル・バーン

アトス:ジョン・マルコヴィッチ

アラミス:ジェレミー・アイアンズ

ポトス:ジェラール・ドパルデュー

アンヌ王妃:アンヌ・パリロー

  

♦只今こちらの動画配信サイトでご視聴頂けます♦
(配信は投稿時のものとなります)                                      

U-NEXTで今すぐ観る     ‎Amazon Primeで今すぐ観る

 

仮面の男:あらすじ

ルイ14世の圧政

舞台となるのは、1662年パリ。ルイ14世の圧政により貧困で食糧難となり国民は苦しんでいました。

ルイ13世の時代に活躍したアラミス、アトス、ポルトスの三銃士は現役引退をしアラミスは司祭に、アトスとポルトスは隠居生活を送っています。

一方ダルタニアンは、現役のまま銃士隊長としてルイ14世に仕えていました。4人の友情は変わらず『One for all, All for one』の絆は硬いままでした。

しかし、ルイは国政には関心がなく、非常に自己中心的で忠誠心に値する国王ではなかったのです。ある日、ルイはアラミスを城へ呼び出し、「反乱を主導するイエズス会の指導者を秘密裡に探し出し暗殺しろ」と命令をします。

アトスの息子ラウルは銃士隊に入隊し、恋人にプロポーズをする事を決めていました。アトスは亡き妻の指輪を息子に渡し「2人で帰っておいで」と送り出します。ラウルと恋人のクリスティーヌは、お城で開かれる園遊会に出席します。ここで、クリスティーヌにプロポーズをするつもりでした。

しかし、クリスティーヌの美貌に惹かれたルイは、邪魔なラウルを戦争の最前線に異動させてしまうのです。

激怒するアトスですが、ダルタニアンがルイの説得を試みる事で一旦怒りを納めます。

その時アトスが言います「君には、息子の成長を喜ぶ気持ちが分からないだろう」ダルタニアンは「想像するしかない」と答えます。この2人のやり取りは、ラストの伏線になります。別れの際アトスは、息子が傷つけば王を敵とみなすとダルタニアンに告げます。

城へ帰ると、ルイがパリ市民に腐った食料を配った為、暴動が起きかけていました。砲撃をすると言う部下でしたが、ダルタニアンが市民を説得しその場を治めます。兵士たちの尊敬の念がダルタニアンに集まります。

戦場では、ラウルが最前線で砲弾に打たれ戦死してしまいます。クリスティーヌはルイの愛人となり城で暮らし始めます。

3銃士復活

その夜、アラミスが3人を地下墓地へ集め告白をします。

ルイがイエズス会の指導者を探し出し殺せと命令している事。

そして、イエズス会の最高責任者が誰なのか…

アラミスは、ある計画も提案します。

それは、国をも揺るがす事となりかねません

アトスとポルトスは快諾しますが、ダルタニアンは頑なに拒否します。

アラミスは「重い秘密を背負っている事は分かる。孤独な戦いだぞ」とダルタニアンを諭します。そして、仲間が敵と味方に分かれてしまったのです。

アラミスの計画は成功? OR 失敗?…

そして仮面の男の運命は…

♦只今こちらの動画配信サイトでご視聴頂けます♦
(配信は投稿時のものとなります)                                      

U-NEXTで今すぐ観る     ‎Amazon Primeで今すぐ観る

 

勝手に私見考察

最後は、原作同様ダルタニアンの死で完結なります。アメリカ製作で作られる王家の歴史物語は、重厚感に欠け、人間模様の描き方が大雑把な為、内容が軽くなりがちですが、豪華キャストと流石の演技力で重厚さが補われていたように感じました。

また、ストーリーもルイとフィリップの性格の対比。

息子に寄り添い成長を見守る理想の父親アトスと、父とは名乗れずただ見守る事しかできないダルタニアン

しかし、息子の罪を背負い最後は自らの命をかけて息子を守りぬきました。

父親像の対比も深みがありました。

何度観ても感動する作品です。

タイトルとURLをコピーしました