読む前にポチっとご協力下さい!

韓流バナー

【映画:ホビット竜に奪われた王国】あらすじとストーリー解説。いよいよ邪竜スマウグへ挑む!

今回紹介する映画は ホビット竜に奪われた王国

2014年日本公開 アメリカ、ニュージーランド合作 監督:ピーター・ジャクソン

原題:The Hobbit: The Desolation of Smaug(直訳:スマウグの荒廃) 【ホビット】シリーズの第2章です。

【ホビット】の撮影秘話

クルー達は1年半の間、朝5時半から1日12時間以上の撮影をこなし

ロケで移動する時は140台以上の車両で移動。他にもロケ地での電気の供給や調理場、食堂、トイレ等の準備と かなり大規模で、まるでサーカスのようだったと感想を語っています。

また特殊メイクのクルーは1日20人、延べ5千人のメイクアップをしていたそうです。特殊メイクなので、1人にかかった時間はかなりのものだと想像できます。

数々の美しいセットでの撮影では、2500枚以上のスケッチが描かれ、そのスケッチのセットが数日後に組まれて撮影が開始……終了後に次の日のセットを組み直し、翌朝から撮影を開始します(想像しただけでも疲れますね)

主演のマーティン・フリーマンは「長い撮影をとおしてキャストとクルーの間に強い絆が生まれた、小さな軍隊みたいに」と語っています。

参考:ピーター・ジャクソンビデオブログより

 

こうして作り上げられた【ホビット竜に奪われた王国】は、闇の森、湖の町・エスガロスと数々の危機を乗り越えて、エレボールの邪竜スマウグ退治に挑みます。

 

続きはここをクリック!
♦只今こちらの動画配信サイトでご視聴頂けます♦
(配信は投稿時のものとなります)                                     

今すぐAmazon Primeで観る

 

タイトルとURLをコピーしました