読む前にポチっとご協力下さい!

韓流バナー

【映画:リーディングハウス】あらすじ、感想。イスラエル発のサスペンス…カルトな女達の恐ろしいクラブ

今回紹介する映画は リーディングハウス

2017年イスラエル製作  監督:ギラッド・エミリオ・シェンカル                    原題:マダム・ヤンケロヴァのファイン・リファレンス・クラブ

2017年にイスラエル映画の日の一環として初演された作品でギラッド監督の長編映画デビュー作品です。

初めて観たイスラエル映画は、愛を信じない憎悪や陰険な心に支配された女性と愛は存在すると信じ愛を貫く女性を描いたサスペンス・スリラーでした。

時代背景は大昔。マダム・ヤンケロヴァが主催する男子禁制、女性会員のみの読書クラブで行われる恐怖の儀式とは…

参加した男性達は二度と戻っては来られない!

マダム・ヤンケロヴァのファイン・リファレンス・クラブとは…

あらすじ

何処か異様な…女性専用のファイン文学クラブ

マダム・ヤンケロヴァのファイン文学クラブのモットーは“世界に真実の愛は存在しない”というもので、男子禁制の女性専用の会員クラブでした。

そのクラブは毎週開催され、最も魅力的な男性を例会に連れて来たメンバーを“今週の女性”と表しトロフィーが渡されます。

そして、そのトロフィーを100回獲得出来れば殿堂メンバーに選ばれ贅沢な生活を送る事が出来ました。

メンバー達は、このトロフィーを巡って競い合います。

クラブ開催の夜、会員のソフィーは未だに男性を誘えていない為、バーから出てくる男性を色仕掛けで誘おうと道端に立つが、「年増だ」と男性は相手にしてくれません。

諦めかけたソフィーを見かね清掃係で友人のハナが車の前へ飛び出し何とか男性を誘う事に成功します。

しかし、文学クラブに参加した男性は椅子に固定されてしまい、クラブを取り仕切っている代理人ラツィア・ハラリから顔を詳細に計られチェックされます。

そして今回、見事にソフィーは“今週の女性”に選ばれ99個目のトロフィーを貰う事が出来ました。

最後にメンバーは、マダム・ヤンケロヴァから指輪と男性との記念写真、何かの入ったタッパーウェアを貰って散会になります。

清掃人のハナは、念入りに床の拭き掃除をしていましたが、今回トロフィーを逃したライバルのローラがバケツを蹴って嫌がらせをして行きます。彼女は連続で獲得していた“今週の女性”をソフィーに阻止されてしまいました。

移動遊園地でハナを待つソフィー。清掃人のハナは後片付けの為遅れてやって来ました。

他のメンバーに比べ年増のソフィーが100個目のトロフィーを獲得するのは無理だとハナは今後を心配します。

「今に清掃部に移される」5年間勝てていないソフィーが今回は運よく勝てたが、次をしくじればおしまいだとハナはトロフィーを壊してしまいます。

ソフィーは「酷いわ。帰る」と立ち去ってしまいました。

1人になったハナは、観覧車係の男性に親しげに手を振ります。

普段、図書館で司書をしているソフィーとハナ。

ソフィーは、図書館に訪れる男性を今週のクラブに誘おうと声をかけますが断られてしまいます。

未だに男性が決まらない中、ハナが忽然といなくなります。

図書館内を探すソフィーは「清掃人はもう嫌。ペドロをよろしく」と書かれたメモを見つけます。

1人残されたソフィーは、仕方なく図書館にいた年配のみすぼらしい男性を誘いクラブに出席しますが、ラツィアにハナがいない事を気付かれてしまいます。

ハナの変わりにソフィーが清掃の仕事を命じられます。

厨房では大量のウインナーを作っていました。ソフィーは大きな鍋を黙々と洗います。

文学クラブでは、裏切り者は絶対に許されません。

その後のソフィーにも厳しい目が向けられていきます。

マダム・ヤンケロヴァのファイン文学クラブの儀式とは…

クラブへの忠誠心か真実の愛は存在するのか…ソフィーは選択を迫られることになります。

今すぐAmazon primeで観る

キャスト紹介

ソフィー・カフリー /ケレン・モー

本作の主人公。マダム・ヤンケロヴァのファイン文学クラブの会員。殿堂メンバー入りを目指し100個のトロフィー獲得まで後1個に迫っているが、既に旬な年齢を過ぎており目標達成はかなり難しい。普段は図書館で司書として務めている。

ヨゼフ/イフタッハ・クライン

図書館に訪れたイケメン。何故かソフィーに優しく接するが、本当は警察署長のラツィアの命令でソフィーを監視しハナの行方を追っている警察官。ソフィーに近づく中で文学クラブに疑念を抱く。

ハナ/ハナ・ラズロ

マダム・ヤンケロヴァのファイン文学クラブの清掃人。普段はソフィーと共に図書館の司書をしている。清掃の仕事に嫌気がさし愛する男性と逃亡を図る。

ローラ/アニア・ブクシュタイン

マダム・ヤンケロヴァのファイン文学クラブの会員。ソフィーのライバル。ハナ失踪後はソフィーの監視役としてハナの部屋に住みソフィーと共に図書館で司書をする。目を付けた男性にあからさまに猛アタックを仕掛ける。

ラツィア・ハラリ/ラジア・イスラエリ

マダム・ヤンケロヴァの代理人として文学クラブを取り仕切る。警察署長だが職権を乱用し文学クラブの裏切り者を容赦なく捕まえる。

マダム・ヤンケロヴァ/ リー・ケーニッヒ

文学クラブの主宰者。ソフィーの勤める図書館や男子禁制の宿舎も運営している。

 

勝手に私見考察

1966年のノーベル文学賞を受賞した、イスラエルを代表するヘブライ文学作家シュムエル・ヨセフ・アグノンの「淑女と行商人」をモチーフに製作された本作品。

イスラエルの作品を初めて鑑賞しましたが…ストーリ全体が非常に雑な感じでした。

また、登場人物も殆ど無表情で、全編陰鬱なイメージで淡々と描かれています。

しかし、その事で異常でカルト的な文学クラブが逆に強調されているように感じます。

面白い!

意外や意外…細かい背景が描かれていない為、よくよく想像してみると非常に残酷なストーリーになっています。

想像力を掻き立てられるのです……監督の計算だったら凄い!

男性を家畜か物のように扱う女性が非常に冷酷に描かれています。

正直、警察署長のラツィアが本当に怖い!

ここで登場する女性達は陰険で残酷、女性的な一面を全く感じません。

しかし、そんな女性達とは反対に男性が愛らしく描かれているような……

土砂降りの中、びしょ濡れになりながらソフィーを待つヨゼフの姿やソフィーが仕方なく文学クラブに連れて行った年配のみすぼらしい男性がウインナーを食べる姿はコミカルに描かれ癒されるシーンになっていました。

そんな陰湿な女性の中で、年増でいつも暗いソフィーや清掃人のハナだけが思いやりや真実の愛を信じる女性性を見せてくれます。

派手な演出は一切ありませんが見応えは十分でした。

今すぐAmazon primeで観る

タイトルとURLをコピーしました