読む前にポチっとご協力下さい!

韓流バナー

【映画:天使がくれた時間】あらすじ、感想。もしあの時違う選択していたら…天使がくれたタラレバ人生

今回紹介する映画は 天使がくれた時間

2000年 アメリカ製作 監督:ブレット・ラトナー

誰もが一度は考えるだろう…“あの時別の選択をしていれば”ブレット・ラトナー監督が、【素晴らしき哉、人生】をモチーフに描いたファンタジー映画。

ブレット・ラトナー監督の代表作には、【ラッシュアワー1,2、3】【レッド・ドラゴン 】【X-MEN: ファイナル ディシジョン】等多数。また、大ヒットテレビドラマ【プリズン・ブレイク】の製作、演出をしており、シーズン1の第1話では監督も手掛けています。

 

【映画:天使のくれた時間】あらすじ

1987年。空港で別れを惜しむカップルのジャックとケイト。

ジャックはバークレイ銀行の研修の為ロンドンへ、ケイトはロースクールへ…

2人が将来を考えて出した結論でしたが、ケイトは「仕事は2の次、2人が一緒にいて幸せになれる」とジャックのロンドン行きを引き止めます。

しかし、ジャックはロンドンへ旅立って行きました。

13年後、ジャックはニューヨークのウォール街で大手金融会社社長として成功をし、優雅な独身生活を満喫していました。

クリスマスイヴにも拘わらず幹部を招集し、2日後に迫る企業合併の大事業を成功させる為、会議を開いていました。

独身貴族のジャックは、記念日にも無頓着でクリスマスも何のプランもありませんでした。そんなジャックに13年前の恋人ケイトから伝言が残されていました。

せっかくだからと連絡を取ろうとする部下をジャックは引き止めてしまいます。

その夜ジャックは、ふと立ち寄ったスーパーで定員とトラブルになり拳銃で脅す黒人青年と出会います。

ジャックは何とか青年を説得しその場を治めました。

そして、青年に更生するようにアドバイスをしますが、青年は「俺を救うつもり?アホくさ」と嘲笑します。

「何か必要だ」と青年を諭すジャックに「あんたは?ジャック」と彼は問います。

欲しいものは「全部ある」とジャックは答えます。

すると青年は「これから起きる事はあんたが招いた事だ」と意味不明な言葉を言い残し青年は去って行きました。

翌朝、ジャックが目を覚ますと……ジャックの住む世界は一変していたのです。

キャスト紹介

ジャック・キャンベル:ニコラス・ケイジ

本作品の主人公。ビジネスで成功を収め、満ち足りた優雅な独身生活を送っていたが、不思議な黒人青年との出会により、突然ケイトの夫で2児の父親としての生活を余儀なく送る事になってしまう。

13年前、恋人ケイトとの愛を選んでいたら…ジャックは風変りな天使によってタラレバ人生を送る事に…

 

ニコラス・ケイジ:アクション映画に留まらず、第一線で活躍し続け代表作も多数あります。しかし、私生活においては、5度の結婚歴、4度の離婚歴。借金、訴訟問題とスキャンダルが続きました。また、監督のフランシス・フォード・コッポラ、【ロッキー】で有名なタリア・シャイア、ソフィア・コッポラとは親戚という芸能一族です。

出演作:【ザ・ロック】【コン・エアー】【フェイス/オフ】【シティ・オブ・エンジェル】【ナショナル・トレジャー】シリーズ、【ゴーストライダー】シリーズ等々。

 

ケイト・レイノルズ:ティア・レオーニ

13年前のジャックの恋人だったが、現在は独身のやり手弁護士。パリの支店へ栄転する為ジャックの荷物を引き取りに来るようクリスマス・イブにジャックのオフィスに連絡を入れる。

ケイトは、ストーリーの中で3度ジャックから選択を迫られます。

しかし、彼女の選択は何時も同じでした…

2000年度のサターンファンタジー映画賞にノミネートされ、ケイト・レイノルズ役のティア・レオーニがサターン主演女優賞を受賞しました。

サターン賞は、映画・テレビドラマ・ホームビデオなどの優秀なサイエンスフィクション・ファンタジー・ホラー作品に送られる賞。 1972年から開始された。引用先=Wikipedia

出演作:【バッドボーイズ】【ディープ・インパクト】【ジュラシック・パークIII】など

アニー・キャンベル:マッケンジー・ヴェガ

タラレバ世界のジャックとケイトの長女。ジャックを本物ではない事を見抜くが戸惑うジャックを助けてくれる心強い味方。ジャックにとって最愛の娘となっていく。

アラン・ミンツ:ソウル・ルビネック

現実世界では、ジャックの部下。幹部会議の際に、家族とのクリスマスパーティの事を考えジャックから注意されてしまうが、タラレバ世界ではジャックに変わりCEOになっている。

勝手に私見考察

原題:The Family Manの通り資本主義の価値観の塊だったジャックが、家族との時間を体験した事で価値観が一変します。

独身貴族でCEOと地位もお金もあるジャックが、タラレバ世界では当番制の育児、犬の散歩やチョコレートケーキをケイトと取り合ったり、子供の靴は買うのに俺のスーツは買ってくれないのか~といじけたり…

私達と同じように仕事に育児に追われクタクタで、買いたい物やしたい事を我慢しなくてはいけなくても

やっぱり子供や家族が一番大切!

というシーンは、微笑ましくもあり、家族アルアルと共感もできる現実感がより感動的でした。

人にとって何が大切なのか…

ケイトが言った「あなたと結婚しなかったら、確かなものがなくなるの。あなたに子供達

大きく共感するセリフでした。

自分に対する計画や夢は諦める事になっても、確かなものが自分にある事で自信や困難に立ち向かえる強い心を持つ…正に家族の意義です。

しかし、監督のブレット・ラトナーは、2017年に自身の過去の作品に出演した女優たちからセクシャルハラスメントでマスコミに告発されたというオチ。

折角の作品に泥を塗ってしまいましたが…

この作品は、何度観ても感動するベスト作品の1つです。

 

♦只今こちらの動画配信サイトでご視聴頂けます♦
(配信は投稿時のものとなります)                                      

Huluで今すぐ観る     U-NEXTで今すぐ観る

‎Amazon Primeで今すぐ観る

 

 

タイトルとURLをコピーしました