読む前にポチっとご協力下さい!

韓流バナー

【007・スペクター】あらすじ・ネタバレ。007原点の敵”スペクター”との戦いが復活

今回紹介する映画は 【007・スペクター】

2015年アメリカ、イギリス合作。監督:サム・メンデス。

監督のサム・メンデスは、前作【スカイフォール】から引き続きメガホンを撮っています。シリーズの第24作目で、主演のダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じる4作目の作品です。

本作品の冒頭、メキシコシティの「死者の日」で繰り広げられるアクションシーンでは、ボンドがホテルの部屋に戻って建物の屋上から狙撃に至るまでの、5分45秒までは1カットで撮られています。

ビルの屋上をさっそうと歩くボンドが、超~カッコいいシーンになっています。

また、ダニエル・クレイグ主演の007シリーズは、原作回帰を試んだ【カジノロワイヤル】で始まりそして、4作目の【スペクター】では、1作目【ドクター・ノオ】でショーン・コネリー演じるボンドが戦った巨大組織が復活します。

原作とは時代設定こそ変わっていますが、登場人物ではジェームズ・ボンドを含め原作により忠実な設定になっています。

実は、1作目よりジェームズ・ボンドが死闘を繰り広げたスペクターの首領ブロフェルドは、原作者と製作者側との大人の問題で【ユア・アイズ・オンリー】を最後にシリーズから姿を消していましたが、製作者側の努力が実り本作品で復活となったようです。

 

【007 スペクター】あらすじ

メキシコシティは「死者の日」を祝い、死者に仮装した多くの人々で賑わっていました。

ボンド(ダニエル・クレイグ)は、女性といたホテルの部屋から建物の屋上を渡り歩き、ターゲットのマルコ・スキアラ(アレサンドロ・クレモナ)を建物の屋上から窓越しに銃口を向け狙いを定めます。

スキアラは、スタジアム爆破テロを企んでいました。待ち合わせしていた男に指輪を見せると、鞄の中身を確認しテロの計画を話し始めます。

男が「計画が終了した後は?」と聞くと「青白い王(ペイル・キング)に会う」とスキアラは答えます。

ボンドは、銃口をスキアラに向けると男が気づき銃撃戦になり、その最中テロで使用する爆薬入りのスーツケースに被弾し爆発してしまいます。

スキアラの居たビルは倒壊しますが、彼は辛くも逃げ出します。

スキアラを追跡するボンドは、混乱するメキシコシティの中、ヘリコプターで逃亡しようとしていたスキアラを追い詰めヘリに乗り込みます。そして格闘の末、スキアラの指から例の指輪を奪うと、彼をヘリから突き落とします。

そして、パイロットとも揉み合い彼をヘリから突き落とし、メキシコシティへ墜落仕掛けたヘリを立て直し大惨事を逃れる事が出来ました。

スキアラから奪った指輪には、紋章が刻まれていました。

イギリスに戻ったボンドは、メキシコで起こった事件をきっかけに、00部門は解体の危機に立たされるとM( レイフ・ファインズ)から叱責されます。

ボンドは、亡くなった前任のM(ジュディ・デンチ)からビデオメッセージを受け取っており、彼女の依頼によって単独で行動していました。

しかし、ボンドはその事は告げず、Mから無期限の停職を言い渡されてしまいます……

♦只今こちらの動画配信サイトでご視聴頂けます♦
(配信は投稿時のものとなります)                                      

U-NEXTで今すぐ観る     ‎Amazon Primeで今すぐ観る

 

【007 スペクター】キャスト

MI6

ジェームズ・ボンド: ダニエル・クレイグ  主人公。イギリス情報局秘密情報部(MI6)諜報員

M: レイフ・ファインズ  イギリス情報局秘密情報部(MI6)の部長

Q: ベン・ウィショー  イギリス情報局秘密情報部(MI6)の架空の研究開発であるQ課の課長

ミス・マネーペニー: ナオミ・ハリス  イギリス情報局秘密情報部(MI6)の長官でもあるMの秘書

C(マックス・デンビー): アンドリュー・スコット  MI5の責任者、Mにスパイや00セクションが時代遅れであると指摘し世界中の情報網を統合する「ナイン・アイズ」の計画を推し進める。

前任のM:ジュディ・デンチ  前作【スカイフォール】で死亡。生前にマルコ・スキアラに関する情報を掴んでおり、彼女の死後ボンド宛にビデオメッセージが届く。

スペクター

フランツ・オーベルハウザー ⁽エルンスト・スタヴロ・ブロフェルド): クリストフ・ヴァルツ        本作の悪役で、謎の巨大組織「スペクター」の首領。子供時代の家族関係でボンドに憎しみを抱いている。

ミスター・ヒンクス: デビッド・バウティスタ ボンドが殺害したマルコ・スキアラの後任。ボンドとマドレーヌを何度も襲う。

ミスター・ホワイト: イェスパー・クリステンセン  元スペクターの一員。組織に命を狙われて以来、オーストリアの隠れ家で暮らしていた。訪れたボンドにスペクターの追跡の手がかりを教え娘マドレーヌのボディーガードを依頼する。

マルコ・スキアラ:アレサンドロ・クレモナ  メキシコシティでスタジアム爆破のテロ計画を立てるが、ボンドの妨害により失敗する。この時ボンドと格闘の末殺される。

ボンドガール

マドレーヌ・スワン: レア・セドゥ  ミスター・ホワイトの娘。オーストリアの山岳地帯にあるホフラー診療所に勤務している。

マドレーヌは少女時代、父を狙った殺し屋が家に押し入り、逃げ込んだ先の台所に銃(ベレッタ)が隠されていた。それ以来銃が嫌いになっている。(最新作/ノー・タイム・トゥ・ダイの伏線)

ルチア・スキアラ: モニカ・ベルッチ  夫・マルコがボンドに殺害された為、自らも組織から消される寸前、ボンドに助けられる。組織に関する情報をボンドに伝え、ボンドも盟友のフェリックス・ライター(本作に出演はしていない)に保護を依頼する。

勝手に私見考察

長い歴史を持つ007シリーズ。ダニエル・クレイグがボンドに抜擢されシリーズの人気は再燃します。

それは製作側が、原作者フレミングのボンド像に忠実な役作りすることを目指、それがダニエル・クレイグのボンドで見事に成功しました。

歴代作品より新鮮なイメージを受けたファンが多かったのではないでしょうか。

チョイ悪風で影のあるジェームズ・ボンド&任務遂行の為の強靭な精神力と忍耐力を兼ね備えたボンド…

原作者フレミングの実体験から執筆されている小説通り、諜報員のシビアな面が脚本に反映されていました。

本作【スペクター】は【スカイフォール】の興行売り上げには及びませんでしたが、最新作【ノー・タイム・トゥ・ダイ】に繋がる伏線的作品にもなっています。

♦只今こちらの動画配信サイトでご視聴頂けます♦
(配信は投稿時のものとなります)                                      

U-NEXTで今すぐ観る     ‎Amazon Primeで今すぐ観る

 

タイトルとURLをコピーしました