読む前にポチっとご協力下さい!

韓流バナー

【映画:コンテイジョン】感想~正に予言の書…こうしてパンデミックは起こる

今回紹介する映画は コンテイジョン

2011年公開アメリカ製作 監督:スティーブン・ソダーバーグ

スティーブン・ソダーバーグ監督

ソダーバーグ監督のデビュー作が「セックスと嘘とビデオテープ」若干26歳の監督が自主製作映画でカンヌ国際映画祭でパルム・ドール受賞と華々しい経歴の持ち主です。

また、2000年製作のジュリア・ロバーツ主演「エリン・ブロコビッチ」で彼女を念願のオスカー女優へ、自身も同年「トラフィック」でアカデミー賞監督賞を受賞しています。その後も「オーシャンズ」シリーズ等多数のメガホンを撮っています。

「エリン・ブロコビッチ」は何度観てもいい映画でした。実話なところが素晴らしいです。

そんな実力派監督が、感染症の脅威とパニックを描いた本作品。世界中で起こったパンデミックのシュミレーション映画!と見紛う程、正に予言の書の如く…

 

 

キャスト紹介

ミッチ・エムホフ:マット・デイモン

エリス・チーヴァー医師:ローレンス・フィッシュバーン

エリン・ミアーズ医師:ケイト・ウィンスレット

アリー・ヘクストール医師:ジェニファー・イーリー

ベス・エムホフ:グウィネス・パルトロー

レオノーラ・オランテス医師:マリオン・コティヤール

アラン・クラムウィディ:ジュード・ロウ

 

ジェニファー・イーリー 見っけ~

豪華キャスト陣の中で注目度が薄いのですが、アリー・ヘクストール医師役のジェニファー・イーリーはイギリスの女優です。1995年BBC製作の「高慢と偏見」の主人公エリザベス役を好演しています

併せて読んでみて下さい
♦只今こちらの動画配信サイトでご視聴頂けます♦
(配信は投稿時のものとなります)                                      

Huluで今すぐ観る     U-NEXTで今すぐ観る

‎Amazon Primeで今すぐ観る

 

 

コンティジョン:あらすじ~パンデミックの恐怖はウィルスだけではない…

2日目  (2日目から始まる訳はラストで分かります)

空港のロビーにあるカフェで搭乗時間を待つベス・エムホフ。出張で香港から帰国後、元恋人と密会する為シカゴに立ち寄っていました。先ほどから嫌な咳をするべス…時差のせいだろうと思っていました。

香港では、若い男性が公共交通機関を使い家路につきます。帰宅した彼は体調が優れない様子です。次の日、彼は体調の優れないまま外出しますが、意識がもうろうとしトラックに撥ねられ事故死します。

英国ロンドンでは、若い女性がホテルの浴室で口から泡を出し亡くなっていました。

べスはタクシーを使いミネソタ州の自宅に着きます。夫と息子が出迎え、ベスは息子とハグをします。

日本ではベスと香港へ同行していた男性が、体調の優れない様子で飛行機や電車を乗り継ぎ、帰宅途中のバスで倒れます。

3日目

日本人男性がバス車内で泡を吹いて倒れた動画がSNSで拡散されていました。それを見つけたアラン・クラムウィディはその動画を自分のブログに公開しサンフランシスコの新聞社に売り込みに行くが相手にされません。

ベスの夫ミッチ・エムホフは、息子クラークの体調が悪い為小学校へ向かいに来ます。ベスと同じ症状です。

4日目

ベスは自宅で倒れ痙攣をおこします。救急搬送されますが間もなくベスは息を引き取ります。突然の事に現実を受け入れられないミッチ…

帰宅途中、ミッチに着信がありました。クラークの容態が急変してしまいます。ミッチが駆け付けた時には、クラークは既に亡くなっていました…

5日目

香港での感染症被害は、亡くなった男性が住んでいた集合住宅に限定されていると思われていました。しかし、同居していた女性の死体が中国広東省でバスの車内で発見されます。

スイス ジューネブ 世界保健機関(WHO)では、世界各国の被害状況が報告され対処法を検討されていました。

その頃、ベスの遺体の解剖が行われました。

6日目

アトランタにある疾病管理予防センター(CDC)では、エリス・チーヴァー医師がEISに所属する伝染病学者のエリン・ミアーズ医師をミネアポリスへ派遣しウィルス感染経路の調査に当たらせます。

ウィルスの大規模感染の予測をするにはR-0(再生産率)を調べなくてはなりません。

CDCバイオセーフティ・レベル4実験室では、ベスから採取されたサンプルよりウィルスの研究を始めます。有効なワクチンを開発する事が急務です。

その頃、フリーの記者のアラン・クラムウィディは、ウィルスの存在を嗅ぎ付けバイオ兵器ではないかと取材を始めます。

7日目

CDCのエリス・チーヴァー医師の元を国土安全保障省の職員が訪れます。

チーヴァー医師は、危機管理センターで香港での感染状況の説明を受けます。国土安全保障省は生物化学兵器を使ったテロではないかと疑っていました。

ミネソタ州ミネアポリスの小学校は閉鎖されました。保健婦1名小学生3名の死亡が確認されています。その他の小学校でも症状が出ている者は登校禁止となっています。これらの処置は、ベスとクラークの突然死に関係していました。

ミアーズ医師は、アルダーソン社を訪れます。発生源をベスまでさかのぼって突き止めました。

ベスに接触した人物を調べます。すると、ベスを空港まで迎えに行った社員がいました。

しかし、彼は既に発症しており通勤途中でバスに乗車していました。ミアーズ医師は直ちに下車するように指示します。彼は、支持通り下車しますが、その場に倒れてそのまま息を引き取ります。

続いてミアーズ医師は、ベスの夫ミッチと面談します。

ベスは何処で感染したのか…発生源は…

未知のウィルスの恐怖を煽る記者…パンデミックの恐怖にパニックに陥る人々

正に世界中を混乱させた新型コロナウィルスのドキュメンタリーを観ているようです…

勝手に私見考察~ネタバレあるかも…

パンデミックを題材にした映画は過去にもありました。

「アウトブレイク」「フェーズ6」「感染列島」「復活の日」等々…このコンティジョンはそれらの作品より一層現実的に描かれていたと思います。

冒頭2日目から始まり135日目でワクチン接種を開始。ほぼ日常を取り戻すまでを時系列で描かれています。

そしてラストに1日目が描かれ、ベスが感染した謎が解明されて終わります。

このMEV-1ウィルスの感染状況を纏めると

  • 全世界で2600万人の死者数に上ります。
  • 感染経路の特定に7日間
  • ワクチン完成まで57回の実験、ワクチン接種開始は135日目

そして、系列の中に、パンデミックを抑え込むため、献身的に尽力する医療関係者とパニックとなり町で起こる暴動やデモを善悪対照的に描かれリアリティを感じます。

やはり作中でも、WHOは各国の思惑が交差し役に立たない(同情的に描かれていますが…)組織として描かれていたように思います。

また、デマや陰謀論を煽るインフルエンサーがいる所まで予言的中!

そして、普段の生活の激変の様子…学校の休校、買い占め、暴動、都市封鎖、医療崩壊…

世界中で起こった事が…同じだ…と思わずにはいられません。

 

※やはり手洗いが一番大切だと思い知らされるラストシーンでした。

この作品は、新型コロナウィルスのパンデミックにより再評価され、出演者のローレンス・フィッシュバーン、ケイト・ウィンスレット、ジェニファー・イーリー、マット・デイモンが手洗いの励行・不要不急の外出を控えるなど感染を避ける方法と冷静な対応をYoutube動画で呼びかけたそうです。

しかし、映画で描かれていた暴動のシーンですが、自分の手元に入らなければ人の物を奪う、店を破壊する、運搬車両を襲う。

東日本大震災で「トモダチ作戦」で救援に携わった多くの米軍兵士が、日本人の秩序正しい態度、物資の運搬を自ら率先して手伝う人々、自分達より他の避難所へ物資を運んで欲しいと依頼する人々の姿に感銘を受けたと言う話は有名な話ですが…

この作品を観てその話を思い出しました。正直日本人で良かった~…アメリカでは、非常事態になると真っ先に銃が売れるというのが現実です。直ぐにサバイバルが始まるという事が良く分かりました。

一日も早く日常生活を取り戻す事を願わずにいられません。

 

♦只今こちらの動画配信サイトでご視聴頂けます♦
(配信は投稿時のものとなります)                                      

Huluで今すぐ観る     U-NEXTで今すぐ観る

‎Amazon Primeで今すぐ観る

 

 

タイトルとURLをコピーしました