読む前にポチっとご協力下さい!

韓流バナー

【映画:エンド・オブ・ステイツ】シリーズ第3弾 感想~罠に嵌ったマイク・バニング。やはり無双で見応え十分

今回紹介する映画は エンド・オブ・ステイツ

2019年公開アメリカ製作 監督:リック・ローマン・ウォー

リック・ローマン監督はスタントマン出身で、「ラスト・オブ・モヒカン」「ラスト・アクション・ヒーロー」「リーサル・ウェポン2/炎の約束」等々話題作に出演していました。

2001年に監督デビューし、着々とキャリアを重ね2019年エンド・オブ・ステイツのメガホンを撮ります。また、主演のジェラルド・バトラーと2020年「グリーンランド」でもタッグを組みました。

毎回シリーズのストーリーに賛否の評価がありますが、今回はクレイトン・ローテンベルガー、ケイトリン・ベネディクトの2人は原案までで、脚本を手掛けたのは「ベスト・キッド」シリーズ、「トランスポーター」シリーズのロバート・マーク・ケイメン、マット・クック、リック・ローマン・ウォー(監督)の3人です。

さ~て今回のストーリーはどうでしょうか…

私は、前2作も面白かったですよ

 

マイク・バニング:ジェラルド・バトラー、アラン・トランブル大統領 :モーガン・フリーマン、 マーティン・カービー副大統領:ティム・ブレイク・ネルソン、デビッド・ジェントリ:ランス・レディリック、ヘレン・トンプソンFBI捜査官:ジェイダ・ピンケット=スミス 、クレイ・バニング:ニック・ノルティ、リア・バニング :パイパー・ペラーボ、ウェイド・ジェニングス :ダニー・ヒューストン
ランス・レディリック~見っけ!「フリンジ」ブロイルズ捜査官だ~と1人盛り上がりました。     ドラマ「フリンジ」もパラレル・ワールドやフリンジ・サイエンスをテーマにしたJJ・エイブラハム監督のSF作品です。この作品も面白いですよ。
下院議長(ホワイトハウス)→副大統領(キングダム)→大統領(ステイツ)と出世街道を歩むモーガン・フリーマン演じるトランブルは今回大統領となりターゲットとなってしまいます。
大統領暗殺の為罠に嵌ったマイク…
自らの潔白と大統領の暗殺を食い止める事は出来るでしょうか~
♦只今こちらの動画配信サイトでご視聴頂けます♦
(配信は投稿時のものとなります)                                      

U-NEXTで今すぐ観る     ‎Amazon Primeで今すぐ観る

 

エンド・オブ・ステイツ:あらすじ~プロローグ

マイク・バニングは、1人戦闘態勢で壁の隙間から外の敵の動きを注視しています。敵の数は多数、マイクは建物内の移動開始します。敵もマイクの動きを察知し仲間に知らせます。

マイクは、敵と格闘しながら出口に向かいます。しかし上空にはヘリコプターが監視しています。他の建物へ移動をするマイクですが、ヘリコプターに見つかってしまいます。敵の人数も増えていきます。敵を倒しながら屋外へ出たところ、マイクの胸に銃弾が~

訓練終了~

この軍事訓練施設はサリエント社が巡航ミサイル製造所を買い取り作ったもので、どんな戦闘シナリオも試せる施設となっています。そしてサイエント社経営者で友人のウェイド・ジェニングスがマイクを誘って軍事訓練を行ったのでした。

2人で雑談していると、訓練中マイクに階段から落とされたブルーノが、マイクに憤慨しながらやって来ます。「本気でやらなきゃ実戦で死ぬぞ」とマイクは返します。

ウェイドが彼は仲間だと言ってブルーノを窘めます。

ウェイドにはマイクを訓練施設に招待した狙いがありました。現在のシークレットサービス長官ジェントリーの退任後候補にマイクの名前が挙がっていました。

経営が苦しいウェイドは、特殊作戦の訓練をサリエント社に委託して欲しいとマイクに頼みます。

マイクはジェントリーに口添えする事を約束します。そして、ウェイドを家族に紹介したいと伝えます。

その後、マイクは車に戻ると直ぐに薬を服用します…

マイクは、片頭痛や目まい、不眠症に苦しんでいました。しかし、妻のリアにさえ報告していません

今、マイクの身体は悲鳴を上げていました…

今度の裏切り者は誰だ!

トランブル大統領の記者会見で、正規軍支援の為民間軍会社への外注を増やす予定では…と質問があり、トランブル大統領は会見を打ち切ります。

「ここの壁は筒抜けだ」と嘆くトランブル大統領。誰かが情報をリークしていました。

その後の閣僚を揃えたミーティングが開かれます。

トランブル大統領は選挙公約に民間軍事会社への委託を縮小する事を挙げていました。1部の人間が戦争で利益を上げるべきではないと主張する大統領。

しかし、カービー副大統領は、兵の半分は外国人で金の為に戦っていると反論します。

誰が記者に情報をリークしたのか…疑惑は残ったままです。

ウェイドがマイクの家へ招待され、楽しい昼食を共に過ごします。ウェイドはマイクの旧友で軍人時代の思い出話をしたり、娘のリンに折り紙をしたり楽しい時間を過ごします。

マイクとウェイドが庭で寛いでいると、マイクは苦しそうな表情をします。心配するウェイドにもマイクは体調の事は話しませんでした。

変わりにシークレットサービス長官の話は受けないと打ち明けます。

ウェイドは、現場で働きたいんだろうと理解を示し「俺たちはライオンだ、それは永遠に変わらない」と言います。

マイクは口添えはすると伝えますが、ウェイドは無理をするなと言います。

翌日、マイクはトランブル大統領の休暇の為、ワシントンを離れ湖上の釣りに同行します。辺りは安全確保の為厳重警戒態勢となっています。

トランブル大統領とマイクはボート上で2人きりになっていました。

「誰も信じられない」とトランブル大統領が吐露し、続けてシークレットサービス長官にマイクを選ぶと伝えます。マイクは「全力を尽くします」と答えますが…

トランブル大統領はマイクの心の内を見透かします。よく考えて、リアと相談してからでいいと返事を保留としました。

突然、マイクに目まいが起こります。大丈夫ですと答えるマイクですが、トランブル大統領は心配し交代するように促します。

渋々マイクはマーフィと大統領の警護を交代します。

マイクが湖岸に向かう途中…多数のドローンがこちらへ向かって飛行して来る事に気づきます。マイクは急ぎボートを旋回しトランブル大統領の元へ向かいます…

今回は民間人への無差別テロはありませんが、ミサイル型ドローンによる背筋の寒くなるような攻撃が始まります。ある意味で1番怖いです…

マイクの孤軍奮闘の戦いが始まります。

メンタル強すぎ~

勝手に私見考察~ネタバレあるかも…

エンド・オブシリーズと言えば見所はアクションですが、今回のステイツはアクション以上に不器用な男達の生き方や絆がベースとなって展開されていたように感じました。

マイクとトランブル大統領

前2作から振り返ると、モーガン・フリーマン演じるトランブル大統領は、テロリストにアッシャー大統領が襲われマイクが無双状態な時、常に正しい判断を下し現場のマイクを信頼し解決へと導いてきました。

今回も彼は正しい判断を下します。

事件は会議室では無く現場で起こっている事を、トランブル大統領は分かっていました      (やっぱり古いなぁ)

本作品にも2人の固い信頼関係が描かれています。側近の発言や状況証拠はすべてマイクには不利でしたが、トランブル大統領はマイクの言葉を信じマイクに現場の指揮を委ねます。

マイクとウェイド

一方でマイクを嵌めたのは旧友だった訳ですが…2人の根底にある絆がとても強いものだと感じました。

病院襲撃で、ウェイドはマイクがビルの屋上へ出て来るところを待たず、ヘリで脱出していれば逃げ切れた可能性があったのですが、彼の中に躊躇いがありヘリコプターに乗り込む事を躊躇します。 マイクが死んでしまったのかと…マイクを待ってしまいます。

このシーンのウェイドの心境をどう捉えるか…マイクのように仕事をしたかったウェイドですが、事業が失敗しお金の為に悪事に手を染めます(毎回お金で裏切りますね~)

結局ウェイドは自分の最期をマイクに託したかったのでしょうか…ただマイクの身を心配しただけでしょうか…

マイクはウェイドと格闘の末、急所に一突きで仕留めます…(やはり無双だ~)

そして、ウェイドは「お前でよかった」と最期に言います…

マイクとクレイ

今回の作品で初めてマイクの過去が描かれます。軍人だった父親が家族を捨てた事…

しかし、窮地に陥ったマイクが頼ったのは自分を捨てた父親でした。ウェイドにも薬の件は打ち明けなかったマイクですが父親には話しています。

マイクの父親がまた強烈なインパクト…世捨て人となり、ひっそり山の中で爆弾を仕掛けて暮らすって!(クレイがニック・ノルティとは全く分かりませんでした)

極めつけにクレイは、リアとリンをマイクの代わりに助けに行き、息子のピンチをしっかり救ってくれました。無条件の信頼関係ですね。

ラストには親子でリハビリ通い…ほっこりシーンでした

エンド・オブ・ステイツのヒットもあり、続編をリック・ローマン・ウォー監督が続投し製作される予定でしたが…ジェラルド・バトラーとスタッフ陣との訴訟問題もあり、予定の変更があるのではと推測されます…残念ですがgood newsを待ちましょう。

 

♦只今こちらの動画配信サイトでご視聴頂けます♦
(配信は投稿時のものとなります)                                      

U-NEXTで今すぐ観る     ‎Amazon Primeで今すぐ観る

 

タイトルとURLをコピーしました