読む前にポチっとご協力下さい!

韓流バナー

【映画:ゾディアック】感想~デビッド・フィンチャーが実話ゾディアック事件に迫る

今回紹介する映画は ゾディアック

アメリカ製作 2007年公開 監督はデビッド・フィンチャー

デビッド・フィンチャー監督

私が初めて観たデビッド・フィンチャーの作品は、彼の監督デビュー作でもある「エイリアン3」でした。

エイリアン・シリーズはシガニー・ウィーバー演じるリプリーとエイリアンとの死闘が見所で、エイリアン2を熱狂して観ていた私としては、冒頭にシリーズ2の設定がリセット(リプリー以外死亡)されてしまい、スキンヘッドのリプリーと刑務所でのストリーのエイリアン3には正直満足できませんでした…

とは言え、デビュー作のエイリアン3でも、デビッド・フィンチャーの撮影技術はかなり高く監督独特の色彩を抑えた映像、カメラワークでエイリアンから逃げ惑う恐怖を観客にも体感させる等…

完成度の高い作品だったと思いますが、当時はエイリアン3の評価はあまり高くなくデビッドフィンチャーにとっては、ほろ苦い監督デビューだったようです。

「セブン」で監督の知名度は一気に上がりますが

その後も「セブン」「ファイトクラブ」「ベンジャミンバトン 数奇な人生」「ソーシャル・ネットワーク」「ゴーン・ガール」等々数々のヒット作品を生み出しメジャー監督へと伸し上がります。

また、監督デビュー前には、多数の有名アーチストのMVも手掛けています(マドンナ、マイケル・ジャクソン等ビックネームが並んでいます)

そして、2020年公開「マンク」では、ゲーリー・オールドマンとタッグを組み、1941年の映画「市民ケーン」の脚本家ハーマン・J・マンキウィッツを主人公にハリウッドの光と影を描いた作品です。

また、脚本家は監督の父親ジャック・フィンチャーで、彼の遺稿作品でもあります。

5年という歳月をかけて作り上げられた「ゾディアック」

そんな鬼才デビッド・フィンチャー監督が、アメリカで実際に起こった未解決事件の真相を追ったロバート・グレイスミスによるノンフィクション小説「ゾディアック」を映像化。

ゾディアック事件:1968年から1974年にかけて、カリフォルニア州サンフランシスコ市内で若いカップルを中心に少なくとも5名が殺害された。犯行後に警察やマスコミへ多量の犯行声明文を送りつけたことから、「劇場型犯罪」の一つとして有名である。アメリカでも特に有名な未解決殺人事件として知られ、現在に至るまで真犯人についての証言や主張が多く寄せられている。

1986年、ロバート・グレイスミスが事件について独自の調査を行った『Zodiac』という本を出版した。彼はサンフランシスコ・クロニクル(犯行声明文が送られた新聞社の一つ)に風刺漫画家として在籍しているときに、事件に遭遇し、関心を持っていたためである。

(引用先:Wikipedia)

 

監督自身も事件を1から調べたそうです。このゾディアック事件の殺害シーンはフィンチャー監督にしては極めて抑えめです。どちらかと言えば、事件を担当した警察関係者、新聞記者達の人間模様により焦点が当てられています。

フィンチャー監督が迫るゾディアックの正体は…

 

キャスト紹介

ロバート・グレイスミス:ジェイク・ギレンホール

デイブ・トースキー: マーク・ラファロ

ポール・エイヴリー: ロバート・ダウニー・Jr

アーサー・リー・アレン:ジョン・キャロル・リンチ

メラニー:クロエ・セヴィニー

ジャック・マラナックス巡査部長: イライアス・コティーズ

ケン・ナーロウ警部:ドナル・ローグ、

 

ゾディアック:あらすじ~未解決の無差別連続殺人を追い続けた男達の執念

1969年7月4日 バレーホで若いカップルがウェスタン社製ルガーで襲われた事件が起こります。警察に犯人らしき男から犯行を自供する電話が入ります…

4週間後、サンフランシスコ 新聞社クロニクル編集部に脅迫文が届きます。

脅迫文は、バレーホで去年のクリスマスと7月に起こったカップル殺人事件の犯人と名乗る男から送られたものでした。

脅迫文の中には、大量殺人を仄めかす箇所がありました。

自分の正体を明かした暗号文を金曜日中に新聞の1面に載せなければ、1969年8月1日金曜日の夜に大量殺人を開始する。                                           1人でいる人間を合計12人殺してやる…

編集会議では、他社を出し抜くチャンスだと捉える意見や、犯罪者には屈するわけにはいかないと 意見が飛び交いました。

脅迫文の真偽をバレーホ警察署に確認したところ内容に間違いありませんでした。

また、脅迫文は他にもバレーホ・タイムズ紙、サンフランシスコのエグザミナー紙にも送られていた事が分かります。

社長は1面に載せる事は避けますが紙面4面へ差し替える事を指示します。

しかし、大量殺人事件は起きませんでした

暗号文の解読は、海軍情報センター、サンフランシスコFBI支局、ラングレーCIA本部でされ始めますが、解読出来たのはサリーナスに住む歴史教師のハーデン夫妻でした。

3日後、解読文がクロニクル紙のポール・エイブリーに届きます。

ゾディアックの暗号文には、死後の自分が被害者達を奴隷にする為に殺人を行っていると狂気的な内容が書かれていました。しかし結局、犯人の名前は明かされていませんでした。

そして、2通目の犯人からの手紙が編集長宛に届きます。

犯人はゾディアックと名乗りました。

  • それから1ヶ月半後、ナパ 9月27日 若いカップルが被害に合い女性が死亡。
  • サンフランシスコ 10月11日 タクシー運転手が背後から射殺されます。

ゾディアックによる新たな連続殺人事件が起こります…

卑劣な犯人からの犯行声明文の挑発に翻弄される社会…ゾディアックの正体は…

 

♦只今こちらの動画配信サイトでご視聴頂けます♦
(配信は投稿時のものとなります)                                      

U-NEXTで今すぐ観る     ‎Amazon Primeで今すぐ観る

 

勝手に私見考察 ~ネタバレあるかも

作中映画館のシーンで、クリント・イーストウッド主演「ダーティハリー」のポスターが出てきますが、ダーティハリーはゾディアック事件をモデルにして製作され大ヒットした作品でした。

ゾディアックは、何度も映像化されている劇場型犯罪として有名な事件です。

また、フィンチャー監督と製作陣は膨大な資料をかき集め、事件を1から調べ直し、事件関係者にインタビューを敢行、撮影中には新たな証拠を見つけて警察に提出したという逸話つきです。

その為か、ストリーは劇場型事件よりも捜査関係者の苦悩や絶望感、新聞記者のポール・エイブリーの人生の凋落などの人間模様をより描いています。

誰もが諦めていた中で、ジェイク・ギレンホール演じるロバート・グレイスミスは「犯人を知りたい」「誰もやらないから自分がやる」と言って身の危険を感じながらも事件を調べ続け本を執筆しました。

風刺漫画化の彼は、現在このゾディアック事件の第1人者となっています。

犯人を知りたいという好奇心だけで凄い執念ですね。

この事件の被疑者は5名が有力視されています。                         最有力視されていたアーサー・リー・アレンは後に唾液のDNA鑑定で無罪と断定されています。    5人の中ではアール・ヴァン・ベスト・ジュニアが最有力視されています。

もし、科学捜査技術が発展した現在にゾディアック事件が起きていたら…

当時の筆跡鑑定や警察のヒューマンエラー等捜査の限界を浮き彫りに描かれており、容疑者を特定しながら最終的に逮捕まで辿り着けない…

関係者にとって効果の残る事件ではないでしょうか。

勝手に推理してみました

しかしアーサー・リー・アレンは、後に無罪と断定されています。アレンが逮捕されていれば冤罪となっていました。

…と考えると当時の司法省の判断は正しいかったと言わざるおえません。

グレイスミスが調査を進める中で、各警察署間の縦割りによる弊害がとても大きかったことが伺えます。

残念でなりませんね

では、推理に入りたいと思います

  • 1969年7月4日 バレーホで起こったカップル襲撃事件でダーリーンを殺害した犯人は、アーサー・リー・アレンでした。
  • ゾディアックと名乗って脅迫文を送り付けた者は別に存在します。
  • 作中でも触れていましたが、ゾディアック自身は起こった事件を選んで新聞社に脅迫文を送っていただけの愉快犯

皆さんはどう推理しますか?

そして現在もゾディアック事件は未解決のままになっています…疑わずは罰せずですね

タイトルとURLをコピーしました