読む前にポチっとご協力下さい!

韓流バナー

【映画:ポリスアカデミー】あらすじ・感想

今回紹介する映画は ポリスアカデミー

現在だったら放送NG⁉おバカなアメリカンコメディー人気シリーズ第1弾

アメリカ製作 1984年から1994年まで、全7作品が公開されています。今回は1984年のシリーズ第1弾。人気シリーズの中でも最高傑作だと思います。

この作品のハチャメチャ振りは、現在では製作出来ないレベルでは…と思います。

ポリコレもLGBTも関係な~い時代の作品です。ご容赦下さい。

今回の作品は、ただただバカバカしくて面白い!単純に楽しんで下さい。

キャスト紹介

ケーリー・マホニー:スティーブ・グッテンバーグ

カレン・トンプソン:キム・キャトラル

モーゼス・ハイタワー:ババ・スミス

ユージン・タックルベリー:デヴィッド・グラフ

ラヴァーン・フックス:マリオン・ラムジー

ラーヴェル・ジョーンズ:マイケル・ウィンスロー

エリック・ラサール校長:ジョージ・ゲインズ

ハリス警部:G・W・ベイリー

レスリー・バーバラ:ドノヴァン・スコット

カイル・ブランクス:ブラント・ホフマン

チャド・コープランド:スコット・トムソン

♦只今こちらの動画配信サイトでご視聴頂けます♦
(配信は投稿時のものとなります)                                      

U-NEXTで今すぐ観る     ‎Amazon Primeで今すぐ観る

 

あらすじ

警察学校の採用基準が無くなったら…ハチャメチャなコメディーと友情物語

新任の女性市長が、市警察の警官採用方式を一新してしまい、従来の採用基準を全面的に撤廃してしまった…

結果、とんでもない人達が次々に応募する事に…市警察は困惑します。

トンでも無い入学希望者とは…

タックルベリーは、ビルの管理会社の警備員です。拳銃マニアで直ぐに銃を撃ちたがる危険人物。警備員を辞め警察学校へ入学します。

マホニーは駐車場の係員の仕事中に、お得意先の横暴な態度に腹を立て、高級車を無理やり駐車させトラブルを起こします。

レスリーは、ショピング街の駐車場にあるプレハブ店舗で写真の現像の受付の仕事をしていました。そこへ、不良達がやって来て嫌がらせを始めます。

何とプレハブ店舗ごと運搬しそのまま川へ落されてしまいます。怒ったレスリーは警察になって借りを返してやる~と叫びます。

逮捕されたマホニーですが軽犯罪を何度も起こしている問題児でした。

警察署でラーベル・ジョーンズという男と知り合いになります。彼はビートボックスや声帯模写がとても上手く署内でもいたずらをします。自称医学博士だと自分を紹介します。

マホニーは、父親と友人の警察署長の元へ連れて行かれます。度々問題を起こすマホニーの尻ぬぐいをその度にしてきましたが…署長は今回は許してくれません。

警察学校への入学か刑務所のどちらかを選べとマホニーに迫ります。

マホニーは警察学校に入学するから、署内で会ったジョーンズと一緒にと条件を付けます。

ダグラスは、勝手に警察学校への入学を決めてしまい、妻の反対を押し切り家を出ます。天然のドジでわざとでは無く気づかぬ間に妻に危害を与えてしまいます。

そんな夫を知っている妻は、体を張って止めようとしますが…

お嬢様のカレンは、優雅な生活を捨て警察学校へ入学する事に決めています。心配する母親ですが、変わった人に会ってユニークな経験をしたいと言います。

マルティンは、5人の女性に学校まで送ってきてもらいます。マホニーはすかさず彼に声を掛けます。

マホニーは、午前10時までに退学になるとマルティンに挨拶します。マホニーの狙いは、警察学校から退学処分になる事でした。

ダグラスは車のボンネットにしがみついていた妻をまったく気にする様子も無く、そのまま学校に到着します。駐車場に車を停車させた弾みで妻は吹っ飛ばされてします(ダグラスの妻は不死身です)

学校に訪れていた市警察本部長は、入学生を見て不満気です。ラサール校長に警察官に相応しくない者は振るい落とすよう指示します。

そして、自発的に辞めて行くように仕向けろと注文を付けます。

その場に居合わせた教官のハリスは、快諾します。

いよいよ14週間の警察学校での研修期間が始まります。

マホニーは、計画通り退学出来るでしょうか…

♦只今こちらの動画配信サイトでご視聴頂けます♦
(配信は投稿時のものとなります)                                      

U-NEXTで今すぐ観る     ‎Amazon Primeで今すぐ観る

 

勝手に私見考察

何でしょう…くだらないのに何度観ても飽きない面白さ…(私だけかな…?)

この作品がヒットした要因は色々あると思いますが、先ず主人公のマホニーの笑顔!

私はこの笑顔に癒されましたよ。悪戯した時の彼の澄ました表情もイイ。

正にスティーブ・グッテンバーグの当たり役です。彼はこの後、ポリスアカデミーシリーズのシーズン4までケーリー・マホニーを演じています。

また登場人物が皆個性的でした。

特に目立つ訳ではないですが、暴動の切っ掛けを作ってしまったり、妻や仲間に気づかないまま危害を与えてしまう、天然のダグラスもいい味を出していました。

レスリーやフックスの様に出来の悪い生徒が、次第に成長していく姿やハイタワーとマホニーの友情もそれと無く描かれていて、チョット感動シーンもあります。

そして、何と言っても悪い事をしたら皆、最後にはお仕置きを受けます。例外なくマホニーも…

そして、スカットした気持ちでエンディングを迎える事ができます。

しかし、セットのチープな感じや、お決まりの浜辺のパーティーシーン等懐かしさも満載でした。あの頃は、こうしたチョット下品な作品も許された時代でした。

タイトルとURLをコピーしました