読む前にポチっとご協力下さい!

韓流バナー

【映画:めぐり逢わせのお弁当】600万に1個の偶然から始まった恋~ハングリー国インドを体感~

今回紹介する映画は、めぐり逢わせのお弁当

2014年作品のインド映画

一番興味を引いたのは、主人公2人をめぐり逢わせた…

ダッパーワーラーという職業

 

ダッパーワーラーは、組織化されたビジネスとして成り立っていて、ムンバイでは100年以上の歴史があるという事にビックリ!

しかも下層階級の読み書きが苦手な人達が構築した職業。

600万個に1回とミスの割合を算出したのは、あのハーバード大学。

何と、チャールズ皇太子が見学に行くほど欧米で注目されている。

 

職場にレンジが無くても暖かいお弁当が食べれるし、主婦も朝の忙しい時間にお弁当を作らなくていいなんて…ちょっと羨ましいと思ったりもしました。

(我が家では前日の夜に作ってしまうし、冷凍食品という強い見方もいるからそれ程でもないか~)

イメージでは、インドって時間にルーズ…大雑把…と思っていましたが、

インドの巨大マーケット市場で、自転車や電車と運搬車両を使わない(渋滞だらけで無理だろうけど)配達システム…本当に関心しました。

 

キャスト紹介

サージャン:イルファーン・カーン

イラ: ニムラト・カウル

シャイク:ナワーズッディーン・シッディーキー

♦只今こちらの動画配信サイトでご視聴頂けます♦
(配信は投稿時のものとなります)                                     

今すぐAmazon Primeで観る

 

あらすじ

初老男性と孤独感を抱いた主婦のプラトニックラブストーリー

イラは、夫と娘の3人でムンバイの集合住宅で暮らしています。夫は家庭に無関心で、家に帰っても会話もありません。

ただ、食事して寝て起きて会社に出かけて行きます。

虚しい毎日を過ごすイラでした。

上階には、イラの叔母が住んでいます。寝たきりとなった夫を介護していました。

イラにとっては、ただ1人の相談相手です。

叔母の勧めもあり、イラは夫の気持ちを取り戻す為、毎日のお弁当作りに励みます。

そんなある日…

会計士のサージャンは、定年が間近に迫っていました。そこへ仕事の引継ぎの為、後任のシャイクが紹介されます。しかし、サージャンは人との関わり合いが苦手でシャイクに仕事を教えようとしません。

サージャンは「4時45分に来い」と言って、お昼休みだからとシャイクから逃げて行きます。

サージャンは、家の近所の飲食店からお弁当サービスを利用していました。

しかし、今日のお弁当はいつもと違います。サージャンは、疑念を感じながらもお弁当を食べ始めます…

イラの元にお弁当箱が返ってきました。

何とお弁当は、綺麗に完食されていました。

叔母はこれで夫婦仲は上手くいくと言います。

イラも期待が高まります…

4時45分。

時間になってもシャイクは、おしゃべりをしていてサージャンの所へやって来ません。サージャンは隙をみてササっと帰ってしまいます。

イラは、お化粧をして夫の帰りを待っていました。

インターホンが鳴り夫を出迎えます。

しかし、夫は無言で家に入ってきます。

「お弁当はどうだった?」思わずイラは訊きました。

「美味かった」「カリフラワーが特に美味しかった」と夫が答えます。

その頃、サージャンは、帰りの途中でお弁当を注文している店に寄って行きます。退職に伴い弁当サービスの解約に来たのですが、店主へ今日のお弁当がとても美味しかったと感想を伝えます。

しかし、店主は不思議そうな顔をします。

サージャンは、よく分からないまま「明日もカリフラワーを」と店員に頼みました。

 

間違ったお弁当を食べた夫…では、イラのお弁当を食べたのは?

翌日の昼休み、サージャンがお弁当を食べようと蓋を開けると手紙が入っていました。

イラの思いが綴られた手紙でした…

手紙を読んだサージャンが取った行動は…

勝手に私見考察

 

インド映画は、何時も胸にグっと刺さるものがありますね。

イラとサージャン

サージャンとシャイク

サージャンの心を変えていく2人との出会い…ジンワリきます…

シャイクは、ハングリーなイイ存在感を出しています。

孤児で育ったシャイクは、名前も自分で付け独学で会計士の勉強をしてきたと自身の生い立ちを語っていました。

こうしたハングリー精神みたいなものがインド中溢れているような、そんな活気溢れる印象を画面から受けます。

初めはウザいな~と思いましたが、サージャンに冷たくされても、サージャンの悪い噂を聞いても一歩も引かず、食らいつてくる姿に感動すら感じます。

イイ人にはイイ人が集まると聞きますが、嫌な人もいい人になってしまうという事でしょうか…

 

また、サージャンも奥さんが亡くなってしまってから、心を閉ざしてしまったのか

何時も孤独だったから、イラとの手紙のやり取りや、シャイクのひた向きさに触れ久しぶりに人との心の触れ合いを感じたのでしょう。偏屈爺さんから、思いやりのあるジェントルマンに変わっていきます。

 

恋の力は凄いですね。

 

ストーリーのラストは、人それぞれ解釈出来るような終わり方になっています

私は、イイ人に変わったサージャンには、是非固定概念を捨ててイラへ突っ走って欲しい…

♦只今こちらの動画配信サイトでご視聴頂けます♦
(配信は投稿時のものとなります)                                     

今すぐAmazon Primeで観る

 

タイトルとURLをコピーしました